PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201212284813

実は年賀状でもある(?)クリスマス・カード 〜 イギリスワーキングホリデー

実は年賀状でもある(?)クリスマス・カード 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ニュース・レターには
2012年の家族ニュースが満載。
皆さん、今年のクリスマスはいかがでしたか?この機会にクリスマス・カードを出したり、もらったりした方も多いのではと思います。
クリスマス・カードはクリスマス時だけのものと思われがちですが、少なくともイギリスでは「年賀状」の機能をも果たすものです。クリスマス・カードのメッセージには、「Merry Christmas & Happy New Year」というフレーズが多く使われていることに気付かれた方も多いと思います。クリスマスと新年の挨拶がいっぺんに出来てしまう、便利なコミュニケーション・ツールという訳ですね。

イギリスでは1月6日までクリスマス・ツリーを飾る習慣があるため、クリスマス・カードもその時期まで飾られます。早ければ12月初旬頃から届き始めるクリスマス・カード。最長で約1か月間、飾られることになる訳ですから、それだけに気合いの十分入ったカードが多いのにも納得できる気がしますね。

最近、イギリスでポピュラーになりつつあるのは、1年の主な出来事などを「ニュース・レター形式」に綴り、クリスマス・カードに挟んで送るという方法です。

典型的なニュース・レターは、A4サイズの用紙1〜2枚程度のもの。結婚した、新しい家族が増えたというような家族の一大イベントから、日常的な話題までが手短にまとめられています。また、今年のベスト・ショットなどを別紙にフォト・アルバムとしてまとめたりというのもポピュラーです。いずれにしても、オリジナリティー溢れる、楽しい内容のニュース・レターとなっています。

現在はブログやFacebookなどで写真付きで近況を報告できる時代となり、敢えて年賀状で報告するニュースなんてない…という方も増えつつあるのかもしれませんが、やはりカードはカード。年賀状での近況報告もぜひ大事にしたいものですね。
2012年12月28日(金) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]