PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201212184789

いよいよ選挙、フランスから投票 〜 フランスワーキングホリデー

いよいよ選挙、フランスから投票 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
わたしが投票したのは
パリにある日本大使館でした。
このメールマガジンが公開される火曜日にはもうとっくに情勢どころか結果がすべて出揃っているはずですが、12月16日には衆議院選挙がおこなわれます。前回の与野党逆転からはじめての選挙でどうなることでしょう?争点も一杯です。でも選挙に関してはフランスではあまり話題になっておりません。
いよいよ選挙、フランスから投票 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
これが大使館正面。
フランスからあるいは日本国外からの参政は在外投票と言うカタチでおこなわれます。まずは選挙人登録が必要なのですが、日本で最後に登録されていた選挙区が適用されます。したがって投票もその選挙区でとなります。そのとき日本を出る際に住民票転出の手続きが必要です。
日本の選挙ではネット上での選挙活動は禁止されていますが、ネット上には多くの候補者に関する情報が見つかります。かつて在外投票自体が認められていなかったころ、投票権を主張する裁判があったと思います。情報化社会が投票にたる情報を提供してくれるというような。

投票は大使館、領事館などかぎられた場所に過ぎないのですが、それでも多くの人がきているようです当然ですが、出口調査なんてありません。投票は告示から投票1週間前までで、1週間もまえに閉めるのはその後「票」を各該当選管まで送り届けなければならないためです。
ワーホリで1年、留学やその他の用で複数年フランス滞在するならば、選挙人登録はしておいたほうが良さそうです。
2012年12月18日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]