PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201212144786

アルザスのクリスマス準備 〜 フランスワーキングホリデー

アルザスのクリスマス準備 〜 フランスワーキングホリデー
マルシェ・ド・ノエルの光景
12月に入り、ストラスブールではさっそく雪が降り始めました。街はクリスマスイルミネーションが始まり、マルシェ・ド・ノエルが始まり、そして白い雪の雪化粧をしたら完璧なクリスマスムードです♪
日本でも良く知られるクリスマスマーケット、フランスではマルシェ・ド・ノエルですが、木で出来た小屋では暖かいヴァン・ショーVin chaud(スパイス入りのホットワイン)やツリーの飾り、ハチミツやコンフィチュール、クリスマス用のお菓子が山のように積まれて売られています。もう、眺めるだけで興奮気味です。
アルザスのクリスマス準備 〜 フランスワーキングホリデー
ブレデレ
ストラスブールを含むこのアルザス地方ではノエルは一大イベントですが、昔から脈々と受け継がれてきた伝統行事でもあります。各家庭でもその準備に余念がありません。(大イベント過ぎて少々ストレスだとか笑)そのひとつに「ブレデレBredele」というスパイス入りのクッキー作りがあります。私がステイさせてもらっているお宅でも、1週間前よりこのブレデレBredele作りでてんてこまいです。形は星型や丸、ツリー、ハートなど様々で、味はプレーンからシナモン、アニス、ココア、オレンジピール入り、チョコがけ、砂糖がけ、など、見た目にもかわいく、食べてもおいしいクッキーの勢ぞろいです!これをクリスマスの何週間も前からたくさん作り、かわいい缶に入れておくのです。あまりに大量すぎて食べきれないので友人などにもおすそ分けするそうです。各家庭のオリジナルレシピもあったりして、お菓子好きの私としては非常に楽しい準備期間です♪
アルザスのクリスマス準備 〜 フランスワーキングホリデー
ブレデレ
それからもうひとつ楽しい準備といえばノエルの飾りつけ。ツリーSapinはもちろん、クレッシュCrecheというキリスト生誕の馬小屋の模型の飾りもあります。ここはキリスト教でもカトリックが多い地で、クレッシュCrecheはカトリック特有のものなのだとか。赤ちゃんのキリストを入れるゆりかごはノエルまで空いたままです。(まだ生まれていないので・・・)
アルザスのクリスマス準備 〜 フランスワーキングホリデー
クレッシュ
こうやってノエルを心待ちにしながら楽しく準備をしていると、その当日が来るのがもったいないような気がしてきちゃいます。寒い冬にこのように過ごせるイベントはとても暖かく、楽しいものです。
2012年12月14日(金) written by まっきー from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]