PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201212114782

Bathのクリスマスマーケットへ 〜 イギリスワーキングホリデー

Bathのクリスマスマーケットへ 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
Roman Bath
クリスマスまで約2週間、街中もクリスマスムード一色になりつつあります。
我が家でもクリスマスツリーを飾ったり、クリスマスディナーの食材の準備を始めたりと、さながら日本のお正月の準備のような雰囲気です。
そんな中、先週末に、Bathで開催されているクリスマスマーケットへ出かけてきました。
Bathは紀元前からの温泉地として有名な、イギリス有数の観光地で、私の住むPortsmouthからは、電車で約2時間30分。
ジョージアン建築の町並みが美しく、ユネスコの世界遺産にも登録されています。
そのBath市街の中心、観光の見所でもあるRoman Bath付近に、たくさんのお店が出店するクリスマスマーケットは、イギリス人にも人気のようで、当日は人・人・人!
日本では当たり前だった人混みですが、こちらに来てから滅多に出会うことがなかったため、驚きました。
やはりクリスマスはイギリス人にとって、非常に大切な特別なイベントのようです。

Bathのクリスマスマーケットへ 〜 イギリスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
手作りのオーナメントを
熱心に選ぶ人々。
マーケットは夕方6時まで開いているので、まずは、Roman Bath観光。
入場料は12ポンドちょっとと少々お高め。プラス3ポンドほどで徒歩10分程離れたFashion Museumへも入場可能なチケットが購入できるので、時間のある方はこちらがおすすめです。
もちろん、古代ローマ神殿のような巨大な温泉は、それだけの値段を出してでも見る価値のあるものなので、クリスマスマーケットが目当てであっても、ぜひ立ち寄られるといいと思います。
さて、観光を済ませたら、クリスマスマーケットをめぐります。
フランスからやってきたソーセージ屋さん、オーガニックの手作りケーキ、イギリス人の大好きなチョコレートやファッジのお店などの食べ物のストール、手作りの温かみを感じられる素敵な食器や、可愛らしい子供服など、ところ狭しと並び、あれもこれも欲しくなってしまいます。
やはりクリスマスマーケットというだけあって、ツリーや部屋に飾るクリスマスオーナメントを売っているお店が非常に多く、皆さん熱心に選んでいました。
私もひとつひとつ手描きで絵付けされているbaubles(ツリーに飾る丸いオーナメント)を購入。

Bathのクリスマスマーケットへ 〜 イギリスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
小さな裏路地も華やかにライトアップ
一日の終わりには、Roman Bathの目の前のレストラン、Roman Bath Kitchenでディナー。
スモークサーモンの前菜、ローストターキー、クリスマスプディングという、トラディショナルなイギリスのクリスマスメニューを楽しみました。
この記事がブログに載る頃には、今年のBathクリスマスマーケットは終了してしまっていますが、来年、イギリスへワーホリで来られる皆さんは、是非足を運んでみてください。
町全体がクリスマスのイルミネーションで飾られ、浮き足立った雰囲気を存分に感じることがます。
2012年12月11日(火) written by chie from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]