PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201211134725

Moustache人口、急増化! 〜 イギリスワーキングホリデー

Moustache人口、急増化! 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
Movemberチャリティで口ヒゲを伸ばす男性たち
Movemberが始まりました。
Novemberではありません、「Movember」です。
11月=November と 口ヒゲ=Moustache を合体させた造語で、日本語に訳すならば、「口ひげ月間」といったところでしょうか。
日本ではまったく馴染みの無い単語ですが、どういうことかというと、11月1日から30日までの一ヶ月間、男性が、あご周りのヒゲを綺麗に剃り、口ヒゲのみを伸ばし続けます。
口ヒゲともみあげは繋がってはいけない、口の横のヒゲをあごでくっつまで伸ばしてはいけない、など細かなルールもあり、我慢強く口ヒゲのみを伸ばし続け、11月が終わると、一ヶ月の頑張りを讃えながら、伸ばした口ヒゲを剃ります。
と、言われてもやっぱり意味が分かりませんが(笑)、なんとこれ、チャリティ活動なのです。
口ヒゲ→男性の象徴→男性特有の癌、前立腺がんに対する注意喚起、という内容のチャリティで、みんなで口ヒゲを伸ばして、Movemberをアピールし、前立腺がんの検診による早期発見や、病気に対する知識を深める機会をもってもらおう、というわけです。
日本にもピンクリボン活動という名前で、女性に多い、乳がんに対するチャリティ活動が知られていますが、あれの男性版です。

友人、知人の男性たちも1日から口ヒゲを伸ばし始めていたり、なかには、会社をあげて口ヒゲ月間を掲げている話も聞きました。
確かに私も最近、道行く人が口ヒゲをはやしていると、「あ!Movemberのチャリティかな?」と思うことが増えたので、実際に効果がある活動のように思います。

この活動の発祥は1999年のオーストラリアで、2004年に正式なMovember支援団体のようなものが発足。
少しずつイベントのことが広まり、現在では北米、ヨーロッパでも知られているようです。

先月までは、名前すら聞いたことがありませんでしたが、男性であれば、口ヒゲを伸ばすだけで参加することのできるチャリティ。
近年、日本では前立腺がんに罹る男性が増えているということなので、ぜひとも広がってほしい活動のひとつです。
2012年11月13日(火) written by chie from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]