PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201210234695

小さなレプリコーンの家 アラン島 〜 アイルランドワーキングホリデー

小さなレプリコーンの家 アラン島 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 こんにちは。ハロウィーンもうすぐですね。日本で言う100円ショップのようなユーロショップと呼ばれているお店では多くのハロウィーンのデコレーションが売り出されています。なんだかうきうきしますね。さて、10月も後半が近づき寒さは一段と厳しさを増してきた今日この頃です。天気も悪い日が多くなってきたので、昨日、晴れた日は「散歩に行かなきゃ!」と出来るだけ日光をたくさん浴びようとしたり。
 本日は、前回、記事で書いたレプリコーンの小さな家とアラン島についてレポートしたいと思います。
 アラン諸島は大きく3つの島に分かれていて、ゴールウェイから島へ行くフェリーが出ています。フェリーに乗るための港へ行くにはゴールウェイで事前にチケットを購入し、(夏は観光シーズンですので、当日よりも少なくとも1日前までにはチケットを購入しましょう。)そこからバスが出ているのでそれにのって、港まで行き、フェリーには45分ほど乗れば、観光では一番有名な島、アラン諸島のメインの島 Inis Mor(イニシュ モア)へたどり着くことができます。Inis Morとはアイルランド語で大きな島、その名の通り、3つある島の中では一番大きな島です。また、アイルランド語が話されている地域でもあります。でも、もちろん英語も日常的に使われているので観光の際は心配無用です。
 さて、アイルランド語が話されている地域でもありますので、アイルランドについてのガイドブックを見たことのある方なら本で見たことのあるような景色が保存されている美しい島でもあります。言語も文化もそのまま残っているような島なのです。したがって、アイルランド首都ダブリンとはまた違った景色を目にすることができますよ。アイルランドのゴールウェイでもアイルランド西部独特の石で囲まれた壁のある風景を沢山見る事もできますし、旅行に行くならぜひこの周辺は行ってみる事をお勧めします。
 Inis Morに着いたら、夏であれば天気が良いこともあるので、自転車をレンタルして、島を個人で周るのが最も人気の観光手段となっています。自分のペースで周りたいところに行けますし、道もそんなに難しくないですし、一日で観光は出来ます。古い要塞を見に行ったり、アラン島独特の風景を写真におさめたり、本当に楽しめるところです。
 さて、アイルランドといえば、妖精のお話が沢山でてくる国ですが、そのなかでもひときわ有名なレプリコーン、小さな緑の帽子をかぶったりしている妖精です、その小さなレプリコーンの家をInis Morで見る事が出来ます。(写真の通り!)写真を御覧になって下さい!初めて見た時は笑ってしまいましたよ、「本当にある!」と。観光用に作られたものなのか、謎が多いのですが、みんなを楽しませてくれる、小さなレプリコーンの家、皆さんもぜひ実際に見に行ってみてください。
2012年10月23日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]