PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201210194689

『ヒストリック・スコットランド』のメンバーになろう 〜 イギリスワーキングホリデー

『ヒストリック・スコットランド』のメンバーになろう 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
会員証は1年間有効
友人の1人から『ヒストリック・スコットランド(Historic Scotland)』の会員カードをプレゼントに頂きました。ヒストリック・スコットランドとは、主にスコットランドの古城や教会など300以上の歴史的遺産を管理する団体のことで、会員になると各アトラクションへの入場が1年間無料になるというものです。
ヒストリック・スコットランドの存在自体は以前から知っていたのですが、それほどアトラクションへ足を運ぶことはないだろうと思っていたので、入会を検討したことはありませんでした。

『ヒストリック・スコットランド』のメンバーになろう 〜 イギリスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
メイン・アトラクションの1つ、
エディンバラ城
しかし、9月末から私の両親が2週間ほどスコットランドに来た際に、ヒストリック・スコットランドの会員証は大活躍!エディンバラ城、スターリング城のほか、全部で5つのアトラクションを回ったため、2週間足らずで年会費分の元が取れてしまいました。
会員になると入場料が無料になるだけでなく、さまざまな特典が付いてきます。例えば、『イングリッシュ・ヘリテージ』が管理している500以上のアトラクションへの入場が半額または無料になるほか、各アトラクション内のショップで20%の割引、カフェ内でも10%割引が受けられる、などなど。

気になる年会費は大人46.5ポンド、学生・シニアは37ポンド(2012年10月現在)。ヒストリック・スコットランドの会員から紹介を受ければ年会費が20%オフになるので、既に会員の知り合いがいればぜひ紹介してもらうとよいでしょう。

『ヒストリック・スコットランド』のメンバーになろう 〜 イギリスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
映画ロケにも使用された、ドゥーン城
申し込みから会員証が自宅に届くまでは約1週間ですが、急ぎの場合はエディンバラ市内のヒストリック・スコットランドのオフィスで即日発行してもらえます。
日本からは上記の年会費+10ポンドで入会が可能です。スコットランドへのご旅行の予定があれば、短期間でもぜひ入会する価値はあると思いますよ。

<関連サイト>
ヒストリック・スコットランド(英語のみ)
<www.historic-scotland.gov.uk>
2012年10月19日(金) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]