PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201209214642

プレゼントは手作りラッピングで 〜 ドイツワーキングホリデー

プレゼントは手作りラッピングで 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
リボンはなくてもその気持ちが
嬉しいものです
言わずと知れたエコ大国ドイツ。ゴミの分別からお金の使い方まで、あらゆるところでエコは徹底されてる面を感じるお国なのですが、今回はプレゼントで頂いたものに贈り主がラッピングをしてくれたので、そのご紹介を。
特に誕生日というわけではなかったのですが、欲しかったボディブラシを知人から頂きました。(写真)
こちらはちゃんと包装紙とリボンも買ってくれたようで、こんなゴツゴツしたボディブラシも心を込めてラッピングしてくれたんだなぁというのが伝わってきますね♪お誕生日や特別な時であっても知人同士なら身近なものでラッピングしてくれて、中には新聞紙の切れ端や、既に別でラッピング済みの紙をさらに使える部分だけ破いて新たに包んでくれる友達もいました(笑)それでもプレゼントにちなんだ意味を含んでいる演出がされていたり、たとえ切れ端や使い回しでも柄がカワイイものだったり素材がイイ感じだったりすると、みすぼらしいという印象はさほどありません。

日本にいると、どうしても“見栄え”を気にしてしまうという形から入ることも考えてしまいますが、こちらドイツにいるとかえって贈り主から“ちょっとこんなにしなくてもいいよぉ”と軽く気にされてしまうこともなくもないので、気合いを入れすぎず肩の力を抜いてナチュラル志向でいくと周囲との関わり合いもうまくかもしれませんね。案外こちらが“これで大丈夫かなぁ、、”と気にしてても相手側はちゃんとそこにある「気持ち」を感じ取ってくれるということが、生活してて感じる瞬間のひとつでもあると思います。
2012年09月21日(金) written by mosch from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]