PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201209184639

NZでメジャーな英語のテスト、IELTS受けました 〜 ニュージーランドワーキングホリデー

NZでメジャーな英語のテスト、IELTS受けました 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ハグレーパークの桜、満開です!
 クライストチャーチもすっかり春らしくなってきました。ハグレーパークの桜の木も満開です。この季節が来ると、人間不思議なもので寒かった冬のことをすっかり忘れてしまいます。というか、この寒い冬があるからこそこの春が来たという感覚がとても嬉しいんでしょうね。
さて、そんな晴れ晴れした気持ちの中で、先日英語のテストを受けました。日本では英語のテストと言えば、TOEICが主流だと思いますが、こちらではTOEIC??何のこと??というようにかなり認知度は低いです。さらに、私の今回の目標は現地の学校に行くことなので、要するに留学用のテストを受けなければいけません。

ちなみに、今回受けたIELTSを簡単に説明すると、リーディング、リスニング、スピーキングにライティング(論文)を4教科とかなりフルなテスト。しかもTOEICのようにマークシート式ではなく、解答用紙にきっちりと書く問題です。アカデミックモジュールとジェネラルモジュールに分かれていて、私のように留学を目指している人はアカデミック、移民の為の英語力の証明などに使う場合はアカデミックを受けることになります。ちなみに、今回私はスピーキングの20分間のテストが9時に始まり、その後休憩で、残り3教科が12時15分から始まり最終的に終わるのが4時。終わったあとはどーっかり疲れます。

このテストは、問題に傾向はあるものの、かなりの広範囲に及ぶのでちょっとだけコツを勉強したら高得点が取れるというものではありません。なので、どのレベルに達したいかにも寄りますが、一時期にかなり集中してやるかもしくはその時間が取れないのであれば、時間をかけてじっくり勉強していくかになるでしょう。いずれにしても、きついですね。

さて、今回の手ごたえはというと、かなり最悪でした。トホホ・・。特に私が一番弱いリーディングは、得点が問題によって大きく左右されます。今回の問題は私がこれまで勉強した中でも、一番難しかったように思います。

いずれにしても、勉強することは悪いことでは決してないので、あきらめないでがんばりたいと思います。とりあえずは、結果が出る2週間後まで、この春の気候を楽しみたいと思います。
2012年09月18日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]