PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201208104579

イギリス人のオリンピック観戦(オフィス編) 〜 イギリスワーキングホリデー

オリンピックも早くも終盤に差し掛かりましたね。日本人選手のメダル・ラッシュも相次ぎ、日本でも大変盛り上がっていることと思います。私も開催国に住んでいるせいか、例年以上にオリンピックを熱心にテレビで観ている毎日です。とても心に残る、オリンピックになりそうです。

さて、一部の報道では、イギリス人のオリンピックへの関心の薄さや、チケットの抽選に漏れたため仕方なく海外旅行に出かけてしまったイギリス人が多い、などというニュースが取り上げられていましたが、それに反して、私の周りではロンドンの会場で観戦している、熱心な友人、知人が実にたくさんいます。

また、私の勤務先でもオリンピック現象(?)が起きています。スタッフが入れ替わり立ち代わり、オリンピック観戦のためにホリデーを取っていて、オフィスの約3分の1近くが常にいないという状態がいないという前代未聞の状態が続いています。

社内の留守番組もオリンピックが気になって仕方がないようで、食堂のテレビで気になる種目を観戦したり、デスクワークをしつつもイヤホンでオリンピックのニュースに耳を傾けていたり、というスタッフを目にします。

日本のオフィスでは考えられないこの光景、でも、このイギリスの職場ならではの自由さを利用しない手はないと、私もちゃっかり見たい種目をほぼオンタイムで観ています(笑)。

社内では部署対抗で、どの部署が一番多くメダルを取るか、という「賭け」まで行われているあり様です。下記のBBCの「オリンピック・アスリート・ボディー・マッチ」に身長、体重を入力すると、自分と一番体格の近い、オリンピック選手が検索されるのですが、そのオリンピック選手が獲得したメダル数をチーム内で競うというゲームです。私は偶然に、日本女性の選手が検索されてきました!

賭け目的ではなくても、結構面白いと思います。皆さんも、ぜひ、試してみてください。
http://www.bbc.co.uk/news/uk-19050139
2012年08月10日(金) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]