PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201208074575

たまには手抜き?デリバリー料理  〜 イギリスワーキングホリデー

たまには手抜き?デリバリー料理  〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
春巻きなどのサイドメニューも豊富。
ロンドンオリンピックが開幕し、テレビから目が離せない日々が続いていますね。
開催国ということもあってか、BBCではすべてのスポーツを常時生中継で放送しているので、日本人の出場していない競技や、これまであまり観戦する機会の無かった競技も見ることができ、とても興味深いです。
皆さんのなかには、お気に入りの選手や、話題の選手の出場する試合が放送されていると、食事を作るのももどかしく、テレビの前に座って、じっくり観戦したいという方もいるのではないでしょうか。
かくいう私もそうなのですが、そんなときには、お手軽に温かい食事を食べることができるテイクアウェイやデリバリーを活用しています。
たまには手抜き?デリバリー料理  〜 イギリスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
黄金チャーハンと食べる、チキンカレー。
ボリュームたっぷり。
イギリスにはたくさんのテイクアウェイ(持ち帰り)やデリバリーのお店があります。
日本でもおなじみのピザはもちろんですが、こちらでは中華料理やインド料理もポピュラーなようです。
私のステイ先のお家にも、毎週のようにデリバリー専用のメニュー冊子がポストに入れられています。
日本と同じように、メニューから食べたい料理を選んで、電話で注文をすれば玄関先まで熱々の状態で届けてくれます。
お店によってはインターネット上で注文ができることもあります。
値段はメインで5ポンドから10ポンド以下がほとんどで、セットミールと呼ばれるお店の人気料理が数人分セットになっているものの場合、単品で頼むよりも割安なことが多く、友達とみんなでわいわい食べるときには助かります。
たまには手抜き?デリバリー料理  〜 イギリスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
このように小分けの容器で、
熱々のまま届けてくれます。
面白いのが、中華料理のメニューの中になぜかカレーが一緒に記されていることが多いこと。
(私のイギリス人の知人にも数人いるのですが)中華料理のデリバリーにカレーしか頼まない人もいます。
そして、届いたカレーを見てみると、ライスがいわゆる黄金チャーハン。そこは中華風なようです。
こんなカレーが食べられるのは、イギリスの中華料理デリバリーだけかもしれません。
四年に一度のオリンピック、たまには自炊をお休みして、デリバリー料理を食べながら日本を応援するというのもいいのではないでしょうか。
2012年08月07日(火) written by chie from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]