PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201208034569

「禅」トリップ 〜 フランスワーキングホリデー

「禅」トリップ 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 先日パリからフランス人の友人と共に日本を訪れました。東京と京都を主に旅行したのですが、友人はとても思い出に残る日本滞在を送ったようでした。フランス人の友人と日本を旅すると、普段とは違った視点から日本を見ることができるので、自分の国をとても新鮮な気持ちで旅出来ます。
友人と意見が一致したことですが、パリに住んでいると、あらためて日本のお店などのサービスの質が高いことや、人々がとても親切なことにとても感激します。そして、外食の選択肢の多さと、価格がリーズナブルな上に食事の質が高いことに驚かされます。パリのレストランやカフェに行くと、店員が日本ほど親切ではないことに気づきます。

「禅」トリップ 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信

最近ではもう慣れてきましたが、やはり日本に行って親切な対応を受けると、気持ちが良いものです。どうしてパリのお店の店員の対応は悪いのでしょうか。きっと彼らも大都市ならではのストレスを抱えているのでしょう。数人のパリジャンが、「パリは美しい街だが、パリジャンがいなければもっと美しい。」と言っていました。笑えますよね。

「禅」トリップ 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信

 さて、今回訪れた中でも印象的だったのが、京都の金閣寺、伏見稲荷神社、そして嵐山でした。日本人の精神(エスプリ)の基になってきる「禅」がここにあるような気がしました。日本人がとても安定した精神状態を保てるのも、人に親切に出来る気持ちの余裕があるのもきっとこの風土が育んだものなのでしょう。沢山の自然や、大昔から存在する由緒あるお寺や建物があるこの街に身を置くと、なんだか本当に気持ちがリラックスし、落ち着いた気分になりました。
嵐山でお洒落なカフェを偶然見つけ、お抹茶とスイーツを頂きましたが、フランス人の友人も大いに満足していました。フランス人が好きな京都で、「禅」旅行は今も人気が高いようです。
2012年08月03日(金) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]