PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201207174537

ブリティッシュ商品 〜 イギリスワーキングホリデー

ブリティッシュ商品 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
マグカップは英国生活必需品!
「夏服に袖を通すことがないまま、夏を終えてしまうのでは」と不安になるような悪天候が続いています。ロンドンの南に位置するブライトンでは、曇り空が続き、時折雨が降る…と言う、落ち込むような天気です。
そんな日々に光を差してくれたのが、義理の姉とその子供たち!家族が来ると1人では「いつでもいいか」と思える観光を一緒にやってしまえる気になります。もちろん、1日はロンドン観光がメイン。バッキンガム宮殿で衛兵の交替を見た後は、ビッグベン(正式名称はクロックタワー。エリザベス・タワーに改名された)とロンドン・アイ…そしてコヴェント・ガーデンを回ってピカデリー・サーカスへショッピングとなりました。中でも意外に子供たちにも受けたのがFortnum&Mason(フォートナム・アンド・メイソン)でした。何に彼らが夢中になったかと言うと、紅茶セクション。通常の陳列ではなく、ガラスのポットに各種リーフが入っており、香りを楽しめるのが面白かったようです。姪っ子はダイヤモンド・ジュビリーの動物の描かれたデザインが気に入ったようで、しきりに「かわいい!」と言っていました。
家に帰って、早速みんなで買ってきた紅茶とトリュフを囲みました。何より紅茶の本場、イギリスの水で紅茶が飲めるのは旅行中の醍醐味かもしれません。気になるお味は、とても口当たりがさわやかで、くせがなく飲みやすいものでした。茶葉はインド、セイロン、そして中国からのものらしいのですが、これと言う種類(アール・グレイやアッサムなど)の特定ができるものが説明になく「ジュビリー・ブレンド」と書かれているだけ、やはり“特別”と言うことなのでしょう。
最後に、旅の終わりに「Keep Calm and Carry On」と書かれたマグカップをもらいました。「行く先々で手にしていたから〜」と言われたのですが、自分で思っていた以上に欲していたのか、こちらとしては意識してなかったので、とてもうれしいサプライズでした。
英国に住んでいると意外に買わないブリティッシュ・グッズ。暮らしを始めるのであれば、ワーホリのみなさんもひとつは手にしてみてはいかがでしょう?

・Fortnum & Masonの関連記事はこちら
ダイヤモンド・ジュビリーに向けた商品 〜 イギリス ワーキングホリデー

・Keep Calm and Carry Onの関連記事はこちら
「KEEP CALM AND CARRY ON」 〜 イギリス ワーキングホリデー
2012年07月17日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]