PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201206124488

足をのばしてウィーンのカフェ文化を体験 〜 ドイツワーキングホリデー

足をのばしてウィーンのカフェ文化を体験 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 ドイツに初めに来てケーキを食べよう!と思った時に、ケーキ屋さんを見つけるのに苦労した記憶があります。
ケーキ屋さんというよりは、パン屋さんの片隅にケーキも一緒に売ってある、というイメージです。

先日、お隣に接する同じドイツ語圏のオーストリアへ旅した際には、素晴らしいカフェ文化に接することができました。
その国の歴史にもよりますが、芸術の都として栄えたウィーンには、昔から作曲家や演奏家が集ったカフェがたくさんあります。
ウィーン自体はトラムで周れるほどで、そう大きな街ではありませんが、散策していると実に沢山のカフェを目にします。
そして、ドイツではあまりお目にかかれない、見た目にも美味しそうなケーキの宝庫で、選ぶのも楽しく、ゆったりとしたひとときを過ごすことが出来ます。

足をのばしてウィーンのカフェ文化を体験 〜 ドイツワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信

ウィーンといえばザッハトルテ発祥の地として有名ですが、街中のカフェにはもちろんホテルザッハーやデーメルなどの有名所をはじめ、インペリアルカフェや、その他のケーキで人気のあるカフェ・オーバーラーなど、カフェ巡りをするには絶好の場所です!

写真は、ウィーンフィルの本拠地“楽友協会”の目の前にあるインペリアルカフェのトルテ。
写真で見るよりも実物は大きく感じ、1個食べるのがやっと、というほどボリュームがあります。
上品な甘さで、ケーキ好きの方にはたまらないかと、、。

ちょっと足をのばしてお隣の国へ小旅行、住んでいる国とはまた違った文化が垣間見れて、新鮮です。

2012年06月12日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]