PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201206124486

今年も異常気象?クライストチャーチの大雪 〜 NZワーキングホリデー

今年も異常気象?クライストチャーチの大雪 〜 NZワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
大雪でお庭も真っ白
 今年も6月に入り、寒い寒い冬の到来です。私はこちらに7年以上いますが、これまでの冬は寒かったのですが、大雪で大混乱ということはほぼありませんでした。しかしながら、去年の冬はとても異常で最初の2ヶ月は暖冬、後半になってから3度も大雪が降りました。
さて、今年の冬はというと・・・早いうちに大雪。学校もお休みです。ちなみに、クライストチャーチの人はこういう事態に備えてチェーンを所持している人はとても少ないので、雪が降ると本当に大変です。特にこの雪での大事故はなかったようですがマイナーな事故は多発したようです。ローカルな人が口をそろえて言うのが、このごろの冬は異常だということ。世界中での温暖化が叫ばれていますが、こちらNZでは温暖というよりは急に雨が多くなったり少なくなったり、温暖になったり寒くなったりという異常な天気が多くなったと感じます。

今年も異常気象?クライストチャーチの大雪 〜 NZワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
道路も真っ白で、交通機関は麻痺してます!
こちらでもよく天気予報を見ますが、こちらは南極が近いということで、海流の影響をじかに受けるため、天気を予期する事が難しく、天気予報を見てもよく外れます。ということで、現地の人たちはどこで天気を判断するかというと、自分で雲を見て判断します。道行く人(特に年配の人)の会話を聞いているとよく天気の話をしていますが、その時はたいてい雲を見ながら話します。
さて、話は戻って大雪のことですが、ここクライストチャーチはメジャーな交通機関はバスと車です。ですので、車通勤の人以外はバスが走らないと仕事や学校にいけない人が多いです。そして、バスも大雪が降るとほぼ時間通りに走りませんのでそういう日は仕事と学校はお休みです。そんな日はうちの中にこもって暖炉で暖まります。ちなみに、NZの環境に関する法令により、新しいおうちには暖炉(ガスは除く)を導入することは出来ません。うちは比較的古めのおうちなので暖炉があり、こういう寒い日には火を見ながらゆっくりします。冬の醍醐味ですね。

とはいえ、早く雪が溶けて普通どおりに行動できるようになりますように!
2012年06月12日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]