PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201206054478

ベルファストへの旅 〜 アイルランドワーキングホリデー

ベルファストへの旅 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 こんにちは!アイルランド首都ダブリンはとてもいい天気が続いています。日本のゴールデンウィークのような感じです。湿気も少なくとても過ごしやすい。ここ数日ですっかり真っ白になった肌がまたこんがり小麦色になりました。
 私は先日ベルファストへ旅行しに行ってまいりました。ジャイアンツコ―ズウェイというところへも行ったので、何回かに分けてレポートしたいと思います。

 ベルファストというところはダブリンからバスで2時間半ほど北へ行ったところにあり、イギリス領であります。エリアとしては北アイルランドです。日本でもベルファストという名を耳にしたことのある方もいらっしゃるかもしれません。テロという怖いイメージもあるかもしれません。なぜなら、IRAとイギリス側の争いの中心地となったところであり、ニュースでもテロのニュース等が時々、15年ほど前まであったところなのです。イギリス領になるか、アイルランドの統治区になるか、歴史的な観点からもすごくデリケートな問題であり、現在はあまりテロの心配をする必要はありませんが、まだ未解決の問題であると言ったほうがよいでしょう。

 治安はどこでもそうですが、良い所も悪い所もあります。観光地としてガイドブックにのっているところ、ユースホステルのあるところ、節度を持って観光すれば問題はあまりないはずですし、危ない!と思うようなことはまず旅行中ありませんでした。現在、イギリス領なので少しダブリンからバスでドライブしただけなのに、北アイルランドへ到着したとたん、携帯のネットワークも変わり、通貨もイギリスのポンドとなります。ダブリンからは中央バスステーションからバスが出ており、往復でチケットは25ユーロでした。(2012年5月現在)ベルファストはダブリンのように人が多くいて、賑やかな場所ではありませんでしたが、見どころとしては、ウルスターミュージアム(展覧会以外の部分は全て無料)、植物園(無料)、ショッピングストリート、タイタニック博物館などです。タイタニック博物館は最近新しく出来たところです。値段は少々高かったです。10ユーロ以上は見た方がいいです。ベルファストには多くの見どころはないですが、せっかくここまで来たなら世界遺産になっているジャイアンツコ―ズウェイなどを御覧になるととても充実した旅になるでしょう。また、北アイルランド問題に関心のある方は無料で博物館で御覧になれますので、ぜひ足を運んでみてください。ウルスター博物館は植物園の中にあります。

 アイルランドは天気がやっとよくなった観光シーズンに突入しました。旅行するにはピッタリの時期ですよ!
2012年06月05日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]