PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201205224458

クローバーデール・ロデオ&カントリー・フェア 〜 カナダワーキングホリデー

クローバーデール・ロデオ&カントリー・フェア 〜 カナダワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
昨年のベアバック部門の
覇者ティルデン・フーパー
(写真はHPからお借りしました)
 先週一週間は見事な快晴に恵まれたバンクーバー。気温も20度を超える日があり、一気に夏がやって来たようでした。ただ、先週末はビクトリア・デーで三連休だったのに土曜日以外は雨となり、せっかくの金環日食も観測することが出来ず、ちょっとだけ残念な天候となりました。
 そんな三連休の初日の土曜日。連休中で唯一晴れた日なのですが、ダウンタウン・バンクーバーから車で50分ほどの場所にあるサレー市クローバーデールにて行われた『Cloverdale Rodeo & Country Fare』というイベントに行ってきました。これは毎年ビクトリア・デー・ウィークエンドに行われる「ロデオの祭典」で、カナダ国内ではお隣アルバータ州カルガリーで行われる『Calgary Stampede』に次ぐ2番目の規模を誇るロデオの祭典。北米全土から賞金を目指して著名なカウボーイズ&カウガールズが集まり、ロデオの腕を競います。

クローバーデール・ロデオ&カントリー・フェア 〜 カナダワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
昨年のバレル・レーシング部門の
覇者ブリタニー・フレック
(写真はHPからお借りしました)
 この大会で行われるのは、鞍を装着していない暴れ馬に乗る「Bareback Riding」、三角形に配置された樽の間を走り抜けて時間を競う女性専用種目の「Barrel Racing」、鞍を装着した暴れ馬に乗る「Saddle Bronc Riding」、暴れ(雄)牛に乗る「Bull Riding」、そして羊に乗る子供専用種目の「Mutton Busting」などです。勿論、出場者はカウボーイ&カウガールのいでたちで競技に挑むのですが、それを見る観客達の多くも同じような姿で観覧しているのがこのイベントの面白い点。普段はウェスタンな雰囲気は全くない地域ですが、この時ばかりはカウボーイ・ハットを被り、ウェスタン・ファッションでキメた人々でイベントが更に賑わいます。ただ、ロデオは「動物を扱う競技」という事もあり、会場外では動物愛護団体による「ロデオ禁止」を求める抗議活動も行われていました。
クローバーデール・ロデオ&カントリー・フェア 〜 カナダワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
隣接する場所で開催された移動遊園地
 このイベントではロデオ会場に隣接する場所に大規模な移動遊園地も設置されていて、沢山のファミリーで賑わっていました。日本の皆さんは「移動遊園地」と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、カナダでは移動遊園地はとてもポピュラーなんです。サーカスのように一年を通して定期的に各地を回り、そしてその場所に合わせて規模の拡大・縮小をするのですが、内容はとても本格的。そしてここ、クローバーデール・ロデオ(&同じ場所で開催されるカナダ建国記念日イベント)で展開される移動遊園地は規模的には最大だと思います。私もとても楽しい一日を過ごす事が出来ました。来年もまた行ってみようと思っています。

●Cloverdale Rodeo & Country Fair●

http://www.cloverdalerodeo.com/
2012年05月22日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]