PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201205154444

今の時期に大事な仕事−ガーデニング 〜 NZワーキングホリデー

 NZは秋真っ只中で、冬の気配を感じ始めました。ここクライストチャーチは夏はとても緑がきれいで、民家ではたくさんのおうちで自慢のガーデニングが見られますが、これからの季節になると少しさびしい感じになります。

ちなみに、日本ではゴールデンウィーク、お盆休み、クリスマスと大型連休がありますが、こちらNZの大型連休といえば、クリスマス(3日ほど)、年末年始休み(3〜4日間)そしてその年によって日にちは違いますが、イースター(3〜4月にかけて4日間)と日本よりはまとまった休みが少ないです。ただ、働いていれば4週間のお休みが取れますので、その休みを利用して旅行に出かけたりしているようです。その4週間のお休みですが、日本のように他の人のを気にしながら休みを取らなければいけない・・という文化はありませんので、堂々と休める点はこちらに来て本当によかったなと思う瞬間でもあります。

日本では大型のお休みというと、旅行に出かけるもしくはひたすら寝る・・など様々かと思いますが、こちらの人に聞くと旅行に出かけるという点では同じですが、ガーデニングをするという声をよく聞きます。私は仕事柄年配の方と会う機会が多いのですが、休みの日に何をしますか(特に晴れた日)と聞くとガーデニングという方がほとんどです。それほどガーデニングはかかせない大事な仕事の一つなのです。特にこの秋から冬の初めにかけては来年に向けての準備として、雑草を抜いたリバラなどの剪定など大事な時期のようです。

ちなみに、今年の夏は、水不足と地震によるインフラの修復が遅れていたため、昨年の10月から始まった庭の水撒きの規制があり、番地によって水を撒いていい日が決まっていました。うちは17番地ですので水・金・日曜日、お向かいの18番地は火・木・土曜日。全域で月曜日は水をセーブする日でした。この取り決めはガーデニング命をかけている人たち(本当にいます)もしくはこよなく愛する人たちにはとてもきつい規制でした。ですので、次の春には来年こそはとガーデニングに燃える人がきっと増えることでしょう。
2012年05月15日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]