PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201203234373

イースターの準備 〜 ドイツワーキングホリデー

ひなまつり(基本ドイツではおひなさまの風習はありませんが)が終われば次はイースターの準備に入ります。日本人にとってはやはりひなまつりは外せない行事で、甘酒などは手に入らないのでアジアンマーケットでマッコリを代用したり、お寿司は外国人の知人にも喜ばれるので巻きでなくても簡単に作ればそれなりに“ひなまつり行事達成”感が得れます。

さて、イースター。ドイツでは「Ostern」と呼び今年2012年は4月8日頃〜あるのですが、イースターといえば卵とウサギ!街にショッピングに出かけるといたるところでイースターグッズにお目にかかれます。お菓子売り場の特にチョコやマジパンコーナーは活気づいてて各種メーカーからイースター仕様のものが売り出されています。ただ、チョコレートは全然良いのですが、マジパンは・・確かに本場リューベックはドイツにあって、最高級のものから手軽なものまで幅広くあるのですが、そんなに手が進まないというのはけっこう皆さんも思ってらっしゃるのでは?ないでしょうか。日本でのマジパンというと「昔ケーキの飾りで乗ってたなんか“イマイチ”な味のお菓子」というイメージが拭いきれないというのがあるのかもしれませんね。

ちなみに筆者はイースター時期にワーホリ入国をしたのですが、すぐに家を探そうとしても不動産屋や貸し主がちょっと祝日モードに入ってて、なかなかスムーズに部屋探しができなかったです。この時期に入国予定のワーホリさんは、のんびり決めようか〜くらいの気持ちでいるほうが良いでしょうね。でもあんまりのんびりしてると今度は5月にメーデーとかも挟まってくるので、頃合いを見て4月を過ごすと良いかと思われます。
2012年03月23日(金) written by mosch from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]