PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201202284337

インフルエンザにかかったら 〜 イギリスワーキングホリデー

インフルエンザにかかったら 〜 イギリスワーキングホリデー
NHSの公式ホームページ(GP検索ページ結果)
気を付けていたにも関わらず、先日ついにインフルエンザにかかり、久しぶりに40度を超す高熱に悩まされました。
始めのうちこそ家で養生としていたのですが、他の症状でも気になることがあったのでNHSに行こうかと、ホームページをチェックすることにしました。
今の街に引っ越してから、落ち着く暇もなかったため、まだGP(いわゆるかかりつけ医院)とは連絡をしておらず、近場で新規患者受け入れの態勢のある場所をNHSのホームページから探しました。トップページから「Health service near you」というところを探して、自分の住所を入れると、距離に近いGPリストが出てきます。
驚くべきことは、この各GPに患者からの「評価」があるところです。「おすすめします」「おすすめしない」というものが一覧では見ることができ、クリックで詳細が読めます。
ふらつく頭で読んでいくと、だいたい新規受け入れの医院が「半々」の評価ということに気が付きました。マイナス点のほとんどは「待ち時間が長い」「受付が無愛想」「予約したのに見てもらえなかった」というもの。これは実はNHSではよく聞く話。幸い治療に関するマイナス評価は目にしなかったものの、あまりの酷評の多さに、風邪ひいてまで「面倒くさい…」と思ってしまった私は、家で休養を続け完治。治った今、登録だけに行くことにしたのです。

インフルエンザにかかったら 〜 イギリスワーキングホリデー
Flu(インフルエンザ)関連ページトップ
財政削減の余波を受けているNHSがどのように変わってくるかはわかりませんが、友人の話では、風邪「だけ」の治療対応などはあまり高水準が見込めないが、複雑な治療になればなるほど、とても手厚い治療が受けられると言っていました(その方は入院検査等がありましたが無料だったそうです)。健康でいることが一番なのに変わりありませんが、もう少しNHSの仕組みやらを学んで行こうと思った今回のインフルエンザ体験でした。
NHS Choices
http://www.nhs.uk/Pages/HomePage.aspx

*インフルエンザの予防接種はスーパーのSainsbury’s Pharmacyや薬局チェーンBootsでも受けられます。早目の予防がしたい方はチェックしてみる価値があると思います。


2012年02月28日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]