PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201202284334

St.Valentines day 〜 アイルランドワーキングホリデー

 みなさんこんにちは。2月ももうすぐ終わりですね。アイルランドは日がずいぶんのびて、ようやく明るくなってきました。というのも、こちらの冬は夜は本当に日が短い日で4時半前には暗くなりますし、(日本も同じくらいですけどね。)朝は日本と違って朝の8時でもまだ真っ暗の時があったので、本当に日が伸びてほしいと切実な思いでした。ようやく2月の後半になり、朝7時半位に明るくなるのは気分が全然違います。

 さて、2月と言えばバレンタインデーです。アイルランドのバレンタインは男性から女性へチョコレートを送ったり、カードや花を送ったりします。女性もチョコレートやカードを送りたければ送りますが男性が尽くしているような印象でした。あまり区別はなさそうですね。

 バレンタインのエピソードしっている方もいらっしゃると思いますが、実は、聖バレンタインの遺骨は、1835年、ローマのグレゴリー法王により、ローマからダブリンのカーメライト教会へ移され、以来ここに保管されているんですって!アイリッシュの友人が教えてくれました。どうしてバレンタインデーができたのかというエピソードはご興味があれば読者の皆様ぜひ調べて頂きたいのですが、聖バレンタインという人物がもとになっているのですね。そしてその方の遺骨がアイルランドの教会に保存されているなんてなんだか、ロマンチックというより歴史を感じたバレンタインデーなのでした。

 バレンタインの日には教会でミサも行われるようなのです。ぜひ、機会があったらその教会を訪れてみたいなあ、と思います。


2012年02月28日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]