PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201202214325

異文化体験!ランタンフェスティバル 〜 NZワーキングホリデー

異文化体験!ランタンフェスティバル 〜 NZワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
たくさんの人が見守る中の龍の舞
 ここNZでは、最近チャイニーズの活躍が目立っています。輸入自由化をどんどん進めていて、いい意味でも悪い意味でも現在中国からのNZへの投資が特に話題に上っています。
異文化体験!ランタンフェスティバル 〜 NZワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
ランタンのとなりを走るパンティング
そんな中、今年は中国とNZとの交友を深めて20周年を記念しようと言うことで、旧正月の数週後に開催されるランタンフェスティバルがさらにグレードアップして行われました。
実は昨年は、クライストチャーチであった地震のためにキャンセル、そしていつも開催されていた場所での再度開催は無理ということになり、急遽ハグレーパークに場所を移されました。しかしながら、これが功を奏しました。以前はビクトリアスクエアという狭い一角だったのが、とっても広い公園になり駐車場も近くに見つけやすいしたくさんの人が一度に集まれる絶好の場所です。

異文化体験!ランタンフェスティバル 〜 NZワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
とてもきれいな龍のランタン
今年は、二日間で数万人の来場者が会ったと言われています。恐らくクライストチャーチの中でも1〜2を争う大イベント。ランタンフェスティバルは、いろんな川沿いや公園の中にたくさんのランタンが飾られ、チャイニーズらしいの踊りや龍の舞、歌の披露などが舞台で繰り広げられます。もちろん、こちらも楽しいのですがみんなが何をメインに来るかと言うと食べ物です。100以上の出店が並び肉まんをはじめ、たくさんの種類の中華料理、くし料理が並びます。他の料理とは違い料金もお手ごろでお腹いっぱいになる中華は選ぶのも楽しいものです。
異文化体験!ランタンフェスティバル 〜 NZワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
みんなが買っていた小さいランタン
そして、家族連れの子供達は小さなランタンをみんな買っていました。かなりの人が持っているので、暗くなってもそれはそれはとてもきれいでした。そして、最後は花火で閉めます。
ちなみに、今はこちらは夏時間のため暗くなってからの時間の花火。開始は10時半。。私は疲れてここまで待てませんでした。ということで、来年に期待。

こちらのローカルの人も異文化を十分楽しめるこのランタンフェスティバル。来年もぜひ楽しみにしたいものです。



2012年02月21日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]