PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201202144317

Happy Valentine's Day! 〜 カナダワーキングホリデー

Happy Valentine's Day! 〜 カナダワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
カナダでよく売られている
バレンタイン・チョコの一例
 今日は2月14日、バレンタイン・デーですね。カナダでは年明け辺りからバレンタイン商品が店頭に並ぶようになり、今日でようやく本番を迎えました。カナダでも日本同様、相手にチョコレート(+何か)を贈るのが一般的。ただ日本と違うのは「男女が互いに贈り物をし合う」という事でしょうか。今回はそんな「カナダのバレンタイン・デー」についてお話したいと思います。
Happy Valentine's Day! 〜 カナダワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
カナダではバレンタイン・デーに
男性が女性に花を贈るのが一般的です。
 バレンタイン・デーはカナダでも「ロマンチックな日」。ただ日本と違うのはバレンタイン・デーは「“告白の日”ではない」という点でしょうか。あくまで「カップルの日」といった感じです。そしてこの日にはいつもより洒落たレストランにディナーに行ったり、自宅でちょっと手の込んだスペシャル・メニューを作ってロマンチック・ディナーを楽しむ、というのが定番。そして男性達が仕事帰りに花束を買い、恋人が待つ待ち合わせ先や、妻が待つ家へと急ぐ微笑ましい光景をよく見かけるのもバレンタイン・デーならではです。
 そして、ちょっと意外に思うかもしれませんが、カナダにも「義理チョコ」が存在します。主に職場でなのですが、同じ義理チョコでも日本と少々異なるのはその「配り方」。一人に一個ずつ配るのではなく、チョコレートやクッキーが入った容器をオフィスや休憩室の一角に置き「ここにチョコ置いとくから、食べたい人は食べて!Happy Valentine's Day!」といった感じのサバサバしたもの。学校では生徒が教師にバレンタイン・カードを贈る事が稀にありますが、それはあくまで日頃の感謝の意味を込めた「Thank you card」的なものです。教師が自分のクラスルームの生徒達全員にチョコを一つずつ配るケースもあるようです。

Happy Valentine's Day! 〜 カナダワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
スーパーマーケットでも、
こんなバレンタイン仕様の
ケーキを売っています。
 私にもバレンタインを一緒に祝える相手がいるのですが、今年のバレンタインはどうしようかと頭を悩ませています。今年は市販の「焼き皿に並べて焼くだけ」のバレンタイン・クッキーを焼こうと思っているんですが、手抜きし過ぎでしょうか・・・(汗)。
2012年02月14日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]