PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201202074304

グリム童話の町“ブレーメン” 〜 ドイツワーキングホリデー

グリム童話の町“ブレーメン” 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
Popな音楽隊の像
ハンブルクから電車で約1時間、落ち着いた町並みと、通りを横切る電車通りが印象的な街“ブレーメン”。
グリム童話“ブレーメンの音楽隊”で知られる街として定着していますが、そのストーリーは、飼い主に捨てられた同じ境遇のロバ、犬、猫、ニワトリが共に音楽隊に入ろうとブレーメンを目指すというもの。
以前にもお伝えしたことがありますが、更に新しいモニュメントを発見したので、再度登場です。
グリム童話の町“ブレーメン” 〜 ドイツワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
ロバ、犬、猫、ニワトリ
旧市街の市庁舎横には、この音楽隊のブロンズ像が建てられ、ロバの前足をなでると願い事が叶うと言われています。多くの人がこのロバの足をなでながら願い事をする光景が見受けられます。
(実際には、cへ向かう途中で見つけた家で暮らすことになり、結局はブレーメンへはたどり着いていません。)

街中ではこのような可愛らしいモニュメントを発見することもしばしば、すっかり市民に愛されるストーリーとして刻まれています。


【関連する記事】
ハンザ都市 貿易と音楽 〜 ドイツ ワーキングホリデー
2012年02月07日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]