PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201201274290

気にする?気にしない?賞味期限切れの商品 〜 アイルランドワーキングホリデー

気にする?気にしない?賞味期限切れの商品 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
食べ物は
必要な分だけ購入、消費!
 クリスマスから新年にかけてたくさん食べ過ぎて、「体重が増えた!大変!ジムに行って体重落とさなきゃ」と近くのフィットネスクラブに駆け込む人が急増のこの時期(そしてたいてい3ヶ月坊主で終わる人も少なくありません。笑)、私も焦って休暇中にためこんだ食べ物たちを消化(?)すべく、自然の中でウォーキングするようになりました。
 その一方、日本ではお正月の、アイルランドではクリスマスなどの料理に使う食材をどっさり買い込み、結局食べ切れなかったり使い切れなかったりで、しまいには捨ててしまう羽目に……なんて経験をした方も多いのかもしれませんね。私にはよくあります(苦笑)。
 さて、昨年末の話になってしまうのですが、アイルランド食品安全機関FSAIの調査結果によれば、約半数の46%の人たちが賞味期限を気にせず食べ物を消費しているのだとか。そのうちの1/3の人々は、賞味期限が過ぎていても見た目やにおいが大丈夫そうであれば、食べると回答しています。

 上記の結果に憂えるFSAIは、見た目がOKそうでも目に見えないレベルで最近などが増えており、健康に害がありうるため賞味期限には十分気をつけて欲しいと言います。
 その一方で、回答者の8割の人たちは、お店の商品棚から商品を取る時にできるだけ賞味期限が長いものを選んで購入すると答えており、また、39%が「賞味期限が過ぎた食べ物は食べない」としています。

 でもスーパーマーケットとかで野菜とかフルーツ、お肉とかを買っている時にすでにどろどろになって原型を留めていない商品を平気で半額とかで売ってたり、 賞味期限過ぎていても売っていたりしていることもアイルランドでは珍しくないので、そういう状況に客が慣らされているのかも――という気がしないでもないのですが、どちらにせよ私自身食べ物を残したり捨てることにとても抵抗があるタイプなので、きちんと計画して買い物をし、不要なものは買わないように注意しようと思います 。
2012年01月27日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]