PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201201174278

フランスのバーゲン 〜 フランスワーキングホリデー

フランスのバーゲン 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

欧州財政不安が世界経済に暗い影を落とすこのごろ、フランスでのワーキングホリデー滞在への影響はいかがでしょう?円高が一方的に進むのはある意味朗報かもしれません。もちろん不景気は雇用状況に大きく反映されるので言い話とも言い切れませんし、円高はフランス滞在中の心の支え、日本からの輸入食材の価格を押し上げます。

景気回復のためにはパアッとお金を使って消費経済を刺激するのが手っ取り早いのですが、先月クリスマスセールが終わったばかりで、しばらくは買い物も自重したいところです。しかしフランスでは先週から冬のバーゲン/Soles(ソルド)が始まっています。バーゲンを散財とみるか、それとも財布にやさしいと見るか、それは個人次第ですね。

フランスのバーゲン 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信

クリスマスがおわり新年からの最初のセールは”blanc”と呼ばれるいわゆるタオルとかシーツとかそんなものの特売が始まるのですが、それに続いてバーゲンがはじまります。バーゲンと言うと観光的にもいい季節の夏のバーゲンがありますが、冬にもしっかり在庫処分よろしく大々的に行われています。

さてフランスのバーゲンですが、驚くことに行政からの許認可制なのです。夏冬の大バーゲンはそれ自体許可申請しなければならないわけではありませんが、法によって厳密にバーゲンとは何であるが、バーゲンは何時からはじめることができるか、バーゲンのルールとは?などが規定されています。これによると冬のバーゲンは一月の第二水曜日の午前八時スタートということでフライングは許されません。また夏冬バーゲンのほかにも追加バーゲン開催も可能ですが、この場合一ヶ月前に行政当局にバーゲン申告しなければなりません。こんな面倒な規則、なんでも物資の安定平等な供給と消費者保護が理由だったそうです。

参考情報:バーゲン新ルール
http://www.yvelines.pref.gouv.fr/sections/emploi_concurrence/consommation/soldes4113/soldes_1/downloadFile/attachedFile/Soldes_reglementation.pdf?nocache=1326291195.89
2012年01月17日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]