PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201112204239

パリ発アムステル行き 〜 フランスワーキングホリデー

パリ発アムステル行き 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
パリ北駅、入線しているThalys、
朝一番でもビジネス客で繁盛しています。
フランスにはTGVで知られる、日本と並び世界に誇れる高速鉄道とその技術があり、これにより国内のいくつかの所要都市が結ばれています。これにより路線によっては全盛であった航空路線を撤退や縮小に追いやったりしています。さらには国境の向こう、隣接国への相互乗り入れでリーチを伸ばし、近年ではさらに遠くまで競合するようになって来ました。その代表格は空港へのアクセスや搭乗手続きの時間を勘定するといい勝負になるパリ−ロンドンであったり、ブリュッセル、アムステルダムだったりします。
パリ発アムステル行き 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
一等では朝食が出ました。駅弁文化の
日本からすると少々違和感があります。
パリGare du nordから出ているThalysはパリからベルギーをへてアムステルダムへ行く高速鉄道で、フランス国内はロンドン行きユーロスターと同じ線路を走っています。車両はフランス国内のTGVと同一モデルのようで、車内もほぼ一緒ですが、あずき色の外装が特徴です。一方国際列車だけあって車内アナウンスにわからない言葉が流れたり、エアラインを意識してか車内サービスがあったりします。登録すれば無料で使えるWiFiネット接続なども。
パリ発アムステル行き 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
アムステルダム到着!
パリを出発してフランス国内は高速鉄道大国の名誉にかけて路線が整備されており、まさに軽快なスピードなのですが、ベルギーに入るとどうもノロノロと速度を落としなんともいえないストレスがあります。それもオランダ国内に入るとまたスピードアップ、なんだかお国事情がうかがえますが、路線の改修で更なるスピードアップ、時間短縮が期待できるとポジティブに考えることもできます。
パリ発アムステル行き 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
パリ北駅からはロンドン行きユーロスターが
発着してます。ロンドン行きには出国手続きが
必要なので、ユーロースターの
プラットフォームだけ隔離されています。
パリ−アムステルダムで3時間ほどですので飛行機には少々負けるのですが、首都の中心にじかに乗り入れというのは大変な利点です。片道3時間ですと、かつての新幹線、東京−大阪のようにビジネスで日帰りできるラインですので、昨今の航空事情、燃料事情によっては形勢逆転もあるかもしれません。
2011年12月20日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]