PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201112204236

本当に一苦労!アイルランドでの仕事探し 〜 アイルランドワーキングホリデー

 こんにちは。最近ますます、アイルランドは寒くなってきました。去年のこの時期は大雪だったとか。去年の今頃は日本で、ヨーロッパの各地が大雪でフライトがキャンセルされたのをニュースで見たのを思い出し、なんだか日本にいた頃が懐かしく思う今日この頃です。

 さて、こちらにきて、3カ月ちょっとになるのですが、やっと仕事が見つかりました。アイルランドへワーキングホリデービザで来ようと考えている人のために、今回、仕事探しの話題を中心にお伝えしたいと思います。

 ワーキングホリデー国の中でもアイルランドは不運なことに、ひときわ、仕事を探すのが大変な国だと言えます。というのも、アイルランドでは世界でワースト14位の失業率が高い国となっています。それ以外のワースト国はアフリカ各国や東欧がほとんどであり、スペインは4位と、とても高いのですが、英語圏の中ではワースト1です。ちなみに現在の日本の失業率は4%、アイルランドは14%と、大まかな数字ですが、このようになっています。ちなみにこちらのサイトを参考にさせて頂きました。http://ecodb.net/country/IE/imf_persons.html
 日本も不景気で新卒の就職率が低くなっていますが、正直比べ物にならないほど、仕事探しには苦労しました。こちらのアルバイトはほとんど募集がありません。ほぼ、フルタイムで8時間、週5日で働いてほしいといった求人が多いです。なので、学生にとっては少し大変です。したがって、アルバイトを探すのは相当な努力が必要です。また、仕事は求人を見て応募するスタイルよりも、直接、マネージャーと話しながら、自分を売るスタイルで仕事を勝ち取っている人が多いです。これはアイリッシュも同じようです。なので、新しい友人作りや、人脈作りはとても大切です。そこから仕事を紹介されることも多いです。

 決して、よっし、半年分生きていける貯金があるから、ワ―ホリ行っちゃおうなど、思わず、1年間十分に暮らせる貯金を持ってこちらへ来て下さい。また、仕事探しに今までのキャリアがとても評価される国でもあるので、レストランなどの接客業などがこちらは求人が多くやりやすいので、ぜひ、こちらへ来る前に、関連あるアルバイト、職業をやっておくと、少し楽になるかとも思います!アイルランドへいらっしゃったら仕事探しgood luckです!

以下、仕事探しのステップまとめておきましたので、参考になればと思います。
(1)人脈を広める
(2)町のお店をたくさん周り履歴書を渡す
(3)アイルランドの求人サイトを参考にする。
(4)とにかくあきらめない。提出した2ヶ月後に連絡が来ることもあるので☆


2011年12月20日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]