PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201112134230

フランスでNoël(ノエル)と言えば・・・やっぱりアルザス! 〜 フランスワーキングホリデー

フランスでNoël(ノエル)と言えば・・・やっぱりアルザス! 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
今まさに運んでこられたモミの木。
毎年ナマのモミの木が町中に飾られます。
ヨーロッパでは重要な行事の一つであるNoël(クリスマス)。特にドイツ文化に親しみ深いアルザスでは、真冬のこの時期ますます賑やかに。もちろん観光客もわんさか。
今年も11月の終わり頃からアルザス中の飾り付けが始まりました。公共の道路や商店街はもちろん、個人の家でも家を丸ごと飾ったりします。有名なのはストラスブールの大クリスマスツリー。見上げても天辺が見えないくらい大きなツリーに色とりどりの飾りがつけられます。

フランスでNoël(ノエル)と言えば・・・やっぱりアルザス! 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
ストラスブールのツリーはいつも人気
Marché de Noël(クリスマス市)はたいてい教会の周りに立てられますが、主な商品はクリスマスの飾り。その他、絵を売っていたり、毛糸の帽子やミニチュアの家が売ってたりもします。日本人に珍しいのは、モミの木屋さんでしょうか。
もちろん食べ物もノエル市の醍醐味。おイモとベーコンを柔らかく煮たジャーマンポテト風なものや、先日紹介したシュクルート(キャベツとソーセージなどシンプルなものが多い)、クレープも人気。

フランスでNoël(ノエル)と言えば・・・やっぱりアルザス! 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
赤と白があるバンショー (vin chaud)。
今回はクレープを一緒に(中身は栗のペースト)。
マルシェめぐりで冷えたらvin chaud(ホットワイン)を。とっても甘く、クローブ(丁子)を始め様々な香辛料で煮込まれていて独特の風味です。お店によって少しずつ味が違います。真冬のアルザスで冷えた体に、この甘さとスパイスが染み渡る!一緒にプレッツェルでもかじりながらおなかの中から温まりましょう。
フランスでNoël(ノエル)と言えば・・・やっぱりアルザス! 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
夜は幻想的。クリスマスが近づくと
人があふれんばかりになります。
注意してほしいのが期間。ストラスブールやコルマーといった大きな村ではクリスマスを過ぎても市が立っていますが、周辺の村々では場所ごとに期間が違います。クリスマスの前の週には店じまいをしてしまう村もあれば、週末しかやらないところも。しかし期間中は朝から晩まで、平日は会社が終わってから家族でマルシェに繰り出すようです。夜はイルミネーションも加わってノエル気分も最高潮。コルマーではスケートリンクも出現し、夜中までわいわい賑やか。普段とは違うアルザスの顔です。
2011年12月13日(火) written by びじっく from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]