PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201112134227

NZの隠れた名所、フランツジョセフ氷河 〜 NZワーキングホリデー

NZの隠れた名所、フランツジョセフ氷河 〜 NZワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ダイナミックなフランツジョセフ氷河
 先日書きましたファーム体験に続き、今回はその後の旅の続編をお届けします。
滞在したファームがある場所はフランツジョセフ。なぜその場所にしたかといいますと、今回の一番の目的は氷河を見ることだったからです。私は一度行ったことがありますが、今回一緒に行った私の母親は見たことがないし、氷河がNZにあるなんて知らなかったと驚いていたからです。実はここNZは、氷河の上を一般の人が歩くことができる世界でも数少ない国なのです。

NZの隠れた名所、フランツジョセフ氷河 〜 NZワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
NZ旅行につき物の動物が
原因の渋滞。今回は牛です。
ちなみにですが、ここクライストチャーチ(カンタベリー地域)は、氷河の雪解け水が水道水の元になっていて、雪解けシーズンには水道水がとても冷たくなります。しかもそのまま飲めて美味しい!地震の影響でしばらく飲めない時期が続きましたが、インフラも少しずつ整い今は心配なく安全で美味しい水を飲むことができます。日本のように夏になると生ぬるい水になるのではなく、とても冷たいので気持ちいいです。
NZの隠れた名所、フランツジョセフ氷河 〜 NZワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
しぼりたての牛乳。
美味しかったです。
話は戻りますが、今回は歩くのが苦手な母がいたので、一番近い展望所まで行き氷河を見てきました。遠くからでしたが、ダイナミックな景色を楽しめました。ここフランツジョセフ(もしくはフォックス氷河:車で10分離れたところ)は、一般のツアーの行程ではなかなか行かないかと思いますが、もし2〜3日フリーな日があればぜひお勧めです。一番は、やはりヘリハイク。ヘリで氷河の地点まで行き、そこからメインの部分を歩く美味しいとこ取りのツアーです。しかしながらやはり少しお値段が張るので、節約派でしかも体力がある方は、ぜひウォーキングフルデイコースに参加してみましょう。とてもきれいで普通のハイキングとは違ったバラエティにとんだ景色を楽しむことができます。
NZの隠れた名所、フランツジョセフ氷河 〜 NZワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
新鮮な卵でのゆで卵。
黄身かなり黄色いです。
さて、その氷河を楽しんだ後はLewis Passを通り、日本人が営む日本風温泉「マルイアスプリングス」で一休みした後、ハンマースプリングスでもう一泊。南島で一番有名な温泉地ですが、いろんな種類の温泉プールがありもちろん水着着用。日本のように裸でとは行きませんが、ゆっくりと楽しむことができました。
今回のウェストコーストの旅。全部で1000キロ以上走りましたが、とてもいい旅になりました。もし、NZに来てちょっと変わった面白いところへ行きたいという方にはぜひぜひお勧めのところです。
2011年12月13日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]