PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201110254157

ストラスブール散策 〜 フランスワーキングホリデー

ストラスブール散策 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ストラスブールの大聖堂、
塔全体が写真に納まる
ベストポイントはここ!
10月始め、フランス東部アルザス地方ドイツ国境そばのストラスブールに行ってきました。仕事ででしたが夕食前時日没前に小一時間だけ散歩する機会がありましたので街中をうろうろしてみました。EU議会のあるフランスでもヨーロッパでも需要都市ではありますが、歩いて回るにはずいぶんべんりなこじんまりした町です。残念なことに10月はストラスブールの観光シーズンにはちょっと早く、本番はクリスマス市がある12月からです。
ストラスブールと言えば第一に挙げられるのが町の中心にあるカテドラルでしょう。周囲の建築物かすっかり浮いてしまう赤い石でできた尖塔のある聖堂は町のシンボルですが、パリノートルダムのような周囲の開けた空間がないので威圧感たっぷりです。空路ストラスブールに入ると離着陸のときにこのカテドラルがとてもよく見えます。

ストラスブール散策 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
大聖堂より東の中央駅よりにはPetite france
と呼ばれるこのような風景の一角が。
ライン川から引いた運河の水辺もきれいです。
そのいいコントラストとなるのがアルザスの伝統建築でしょうか。白い土壁にたてよこななめに黒い木の柱が通った外観は他の石造りの建物に映えます。仏独国境のこの地方は古くから戦争の最前線にあり、果たしてこれらの建物がどれほど戦火に耐えたのか調べる必要がありますが、現在にそのたたずまいを残し、さらに比較的新しい建築もそのデザインを踏襲しているところが町の景観の統一性の理由でしょうか。
ストラスブール散策 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
伝統建築は見事なのですが、
傾いている?
ジブリ映画「ハウルの動く城」で見られる町並み、メイキング裏話などでずいぶん紹介されたので有名ですが、この地方のロケを経て描かれたそうです。実際にはストラスブールより南にあるコルマーという町にロケ拠点があったとか言いますが、ストラスブールっ子の知人いわく、アノ風景はこの町だ。冒頭の町の広場だとか蒸気機関車の通るところとか、などなど、その知人もメイキング裏話をいろいろ見たのかもしれませんが。
ストラスブール散策 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
建物基礎にこんな扉があるものが
ありますが、昔はここから燃料用の
石炭とかを放り込んでいたそうです。
2011年10月25日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]