PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201110254153

日本人コミュニティーに参加しよう! 〜 アイルランドワーキングホリデー

 こんにちは。アイルランドに着いて驚いたことがあります。「日本人が少ない!」ということです。私は以前、ニュージーランドに住んでいた事があるのですが、日本から行きやすい事もあるからか、町中歩いていれば、日本語が聞こえてくるなんてこともよくありました。しかし、こちらに到着してからは、ダブリンの町にいても、あまり日本人を見かけたり日本語を聞く事はないです。少し寂しいです。

外務省などのホームページで調べてみると日本人渡航先第50位の中にも入っていません...英語圏ではオーストラリアやアメリカなどがやはり直行便もある、行きやすい国なのでしょう。オーストラリアは時差も少ないので、本当に好条件ですね。でも、アイルランドへ行く利点も沢山あります。まず、確かに日本からは遠いですが、英語を真剣に学びたい人にはお勧めの国です。英語圏の他国ですと、どうしても日本人のコミュニティーが出来上がってしまって、毎日、日本語で話すような環境が出来てしまいます。もちろん、本人のモチベーションにもよりますが、きっぱり英語漬けの日々を続けたいのであればアイルランドはピッタリの国でしょう。

さて、日本人会などがないアイルランドですが、やはり、日本とアイルランドをつなぐ交流会や小さなコミュニティーはあります。確かに、到着して間もない時、いくら、英語漬けの日々を送りたいと考えていても、「美味しい日本食のお店はどこだ?」 「病気になったらどうするんだろう?」「どこの美容室が髪の毛を切るの上手だろう?」など、生活の基本的な情報、また支えあっていく、自分の国の友達を得る事はやはり新たな生活を始めるにあたって必要になるかと思います。そんな時、コミュニティーに参加することが、新しい人々に会い、情報を交換するなど、コミュニティーに参加することでこれからの友達の輪を広げるきっかけにもなることでしょう。ぜひ、アイルランドへの渡航をお考えの方、グーグルなどでアイルランドと日本の交流、などのキーワードを入力して、どんなグループがあるか検索してみて下さい。もちろん、これらのコミュニティーに参加する事で、アイルランド人に出会えることもあるのでぜひ輪をどんどん広げてみて下さいね。

まだまだ日本人が少ないアイルランドですが、ビールも美味しい、人もフレンドリー、(サービスはちょっとルーズしかし、それもこの国のよさ。)もっとこの国の魅力を伝えなければと私自身もはりきっております!

2011年10月25日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]