PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201110144142

ヨーロッパ経済中心都市 〜 フランスワーキングホリデー

ヨーロッパ経済中心都市 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 最近何かとヨーロッパでの金融危機が騒がれ、ずいぶん円に対してのユーロの価値が下がってきていますが、EU加盟国の中でも比較的経済的に豊かであると言われるフランス、ドイツの両国でさえもかなり物価が違うことに先日驚きました。

先日ドイツ、フランクフルトに日帰り旅行(パリから列車で3時間半)に行った際、レストランでの食事の値段や衣料品、スーパー、化粧品などの価格がフランスと比べるとかなり安価なことに、こんなにも隣の国で差があるのかとびっくりしました。コスメティックなど、フランスで見掛けるものと同じ製品でさえも価格が半分の値段だったりします。

ヨーロッパ経済中心都市 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信

やはりパリはEU加盟国の中でもっとも物価の高い都市なのでしょう。この金融危機の中でも右肩上がりに不動産の価格が上がっているのはパリくらいではないでしょうか。そんな都市に住んでいると、旅行で他のヨーロッパの国に行く際はすべてのものが安く感じられます。

さて、ヨーロッパ中央銀行や証券取引所を持つフランクフルトはやはりヨーロッパのみならず、世界の経済の中心都市のひとつだけあって、街を歩いている人や街の雰囲気にとても洗練された印象を持ちました。
これからのヨーロッパ金融を頑張って支えてほしいものです。

ヨーロッパ経済中心都市 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信


2011年10月14日(金) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]