PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201110114135

自然を楽しむ/エコにサイクリング 〜 ドイツワーキングホリデー

自然を楽しむ/エコにサイクリング 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
写真のサイクリングロードは
比較的幅の広いもの。
すぐ横は60キロ制限速度の車道。
ベルリン生活では自転車がすっかりベースになり、雪が積もらない限りはどこへ行くのも自転車を利用します。しかし、以前は車道を走ることが普通なドイツで自転車に乗ることなんてとんでもない、怖くてなかなか乗ることのできない人の一人でした。それがなんと、一度自転車を持つと自転車なしでは出かけられなくなってしまいました。
ドイツではサイクリングロードが整備されていますので、比較的安全に走ることができますが、自転車といえども早い速度で走ってきます。追い越しをする時は、ベルで知らせるくらいしかなく、車線のようなものもはっきりとしていないので、車を運転する時よりも注意が必要だと日頃から思います。特にベルリンは平地であり、短時間であれば車や交通機関を利用するよりも、駐車場を探すよりも自転車なら実は時間が大幅に短縮されることも多いのです。また、自転車を利用することで、自然を直接肌で感じることができ、さらにガソリン代や交通費も節約できるとってもドイツらしいエコ活動であると改めて思います。

自然を楽しむ/エコにサイクリング 〜 ドイツワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
途中、湖畔から眺めると、
山の上のお城を見つけたりも
10月だというのに気温が25度くらいあった秋晴れの先週末は今年最後のサイクリング日和。家族全員で自転車とお弁当を持ち込み、Sバーンでベルリンヴァンゼーまで移動、ヴァンゼー周りを軽く回った後、ポツダムまでサイクリングを満喫しました。子供たちの自転車は車輪が小さい分運動量が必要で大変そうだったけれど、なんとか8キロほどを一気に走り抜き、無事ポツダムに到着。途中、湖でボートを借りて乗ってみたい、ということになったけれども、好天が続く3連休の日曜日には、予約していないものには空いているボートはすでに無いのでした。到着したポツダムの貸しボートクラブは、プライベート所有の大型ボートも並んでいたので、小さいながらも豪華な雰囲気でした。
自然を楽しむ/エコにサイクリング 〜 ドイツワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
小さなボートクラブの豪華なボート
サイクリングはこれから寒くなる季節にはお勧めできないかもしれません。一年の半分ほどが寒いドイツではおうちについこもってしまう人も多いはず。自転車を持てば、ちょっとお出かけする機会にもなるウツ防止のチャンスです。普段ドライブでは見過ごしてしまう小さなスポットを発見したりすることもできますよ。
2011年10月11日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]