PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201110044127

一日かけられる、ベルサイユ宮殿。 〜 フランスワーキングホリデー

一日かけられる、ベルサイユ宮殿。 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
始めの建物が「ベルサイユ宮殿」。
これだけでもかなりの見ごたえ。
ベルサイユ宮殿は有名な観光地ですが、パリ市内からはちょっと離れています。パリ市内の観光を優先してしまうとなかなか足を伸ばせなかったりする場所。なのですが、実は前回のモンサンミッシェル旅のついでに行ってきました♪
チケットはネットで事前に購入しました。チケット売り場と入り口が離れているので移動する手間が省け便利。特に週末は何をするにも並ぶので素早い行動が鍵です。朝早く出発したので始めは空いていましたが11時を過ぎると混雑が。

一日かけられる、ベルサイユ宮殿。 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
人工の水路が庭をまっすぐ突っ切っています。
金色の柵の中に入って、まず圧倒させられたのがその大きさ。小さな村なら2,3個は入るような庭はまるで地平線の果てまで広がっているよう。中の移動には貸し自転車、ミニトレインなどがありますが、天気が良ければ徒歩も気持ちが良い。ベルサイユは魅せる庭としての部分も多く、迷路のような背の高い生垣や、優美な彫刻のついた噴水、季節の花々など近くで眺めて欲しいものが沢山。広いからこそ焦らずにその日一日をそこで過ごすことに決めて、のんびり散歩が楽しいかも。
一日かけられる、ベルサイユ宮殿。 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
鏡の間。
肝心の宮殿ですが、有名な鏡の間やマリーアントワネットの離宮など華やかで贅沢な装飾で目がちかちかするほど。寝室の天蓋にも彫刻が付いていて、私だったら落ち着いて寝ていられないですね(笑)。その他当時のドレスや食器など日々の生活がうかがえる道具が多く飾られていますが、歴史を感じるよりも、芸術品としての美しさにより目を奪われます。
一日かけられる、ベルサイユ宮殿。 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
時間があれば農場にも是非。
ロバやアヒルなどが飼われています。
ちなみに噴水で行われるウォーターショー(昼間)ですが、ショーと言うよりも勢いよく噴水から水が出てくる、という感じでした。これを見るなら宮殿内をゆっくり見たいな、なんて・・・。
かなりの広さでしかも暑い日だったので、閉館までいるとくたくたになりました。しかしせっかくのフランス長期滞在で行かないのはもったいない。是非、たっぷり一日使ってベルサイユを堪能してください。

2011年10月04日(火) written by びじっく from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]