PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201109274118

到着した後は?? 〜 アイルランドワーキングホリデー

ワーキングホリデーでアイルランドへ入国したらさて、何をしよう?ウキウキする気持ちもありますが、何から手をつけていいかわからない!なんてことがないように...少しでも有意義に過ごせるように今回は、外国人登録の仕方と、PPS番号(アルバイトをする時に必要な番号です。)についてお伝えします。

アイルランドに着くとやらなければならないことがいくつかあります。まず一つ目は、外国人登録です。アイルランド入国後1カ月以内に、警察当局(An Garda Siochana)で登録しなければなりません。入国した時に、渡される地図が書いてある黄色いカード、パスポート、ビザ、そして150ユーロの現金を持って行きましょう。(カードでも支払可能です。)何年か前までは登録料が100ユーロだったようで、ワーキングホリデーの情報がのっているホームページを見ると100ユーロ支払うとかかれていますが、現在は値上げされてしまったようです。

Gardaは、ダブリン周辺に滞在する予定でしたら、リフィー川沿いにありますから、場所はそんなにわかりずらいわけではないです。必要なものを持って、Gardaに着いたら、まず、受付でどこに行くか聞きます。そして、順番を待ち、必要な物を持って、呼ばれた番号のブースに行きます。そして、最後にパスポートと外国人カードを受け取って、終了です。その際に、今、どこに滞在しているのかを聞かれると思いますので、滞在先の住所は書けるようにしておいたほうがよいと思います。

ちなみに、Gardaとは、アイルランド語で警察のこと。この国では、「警察」や、「乾杯」など、簡単な言葉はアイルランド語でよく表現されています。

さて、次にやらなければならないことは、PPS番号の取得です。Personal Public Service と呼ばれています。仕事をする際に必要です。Department of Social and Familyというところに行きます。ダブリンであれば、リフィー川の橋を渡って北側のIlac Shopping Centreの近くにあります。必要になるものは、パスポート、外国人登録証、ビザ、アイルランドでの滞在先を証明する書類です。番号を取得する際に費用は特にかかりません。

以上、複雑なようですが、そんなに難しい事はないのでこれからアイルランドへいらっしゃる方、参考になればと思います。ところで、アイルランドの公的サービスは日本と違ってとても時間がかかるので、2時間はかかると考えておいたほうがいいと思います!

2011年09月27日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]