PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201109204109

Le Mont Saint Michel−日帰りの場合。 〜 フランスワーキングホリデー

Le Mont Saint Michel−日帰りの場合。 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
写真では良く見るこの姿。
一度は本物を見てみたい!
フランス観光の王道と言えば、パリのシャンゼリゼ通り、エッフェルタワーに凱旋門。そしてその次くらいに、海に浮かぶ修道院、モンサンミッシェルが来るのではないでしょうか。かく言う私もなのですが、先日、念願かなって行って来ました!
とはいえ、私が住んでいるのはアスザス地方。週末だけでは時間があまり取れず、パリに泊まりモンサンミッシェルは日帰りで行くことに。そもそもこの島は交通の便が悪いことで有名。ゆっくり出来るに越したことはないですが、徒歩圏に他の観光地もないので、日帰りで行く人が結構います。

Le Mont Saint Michel−日帰りの場合。 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
修道院の中の教会。
ちょうどミサをやっていました。
実際に目で見ると、島自体がごつごつして堅牢な城塞、と言う感じ。思っていたよりも男っぽいな、という印象でした。そうでないと、激しい海風と長い歴史にさらされた島は守ることが出来ないのでしょう。小さな山の全体が村、というようなところなので、どこもかしこも坂だらけ。
しばらく登ると修道院の入り口に到着。華美な装飾の少ない中は以外と広く、実用的に作られている気がします。そして眺めが最高!この時はちょうど潮が引いていて、砂浜と水面がキレイな縞模様を作っていました。

修道院のあとはサンドイッチを買って城壁から海を眺めながらランチ。朝から雨でしたがしばらくすると青空が。島の中心を見上げると、サン・ミシェルが一番高いところでピカピカと輝いています。

Le Mont Saint Michel−日帰りの場合。 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
一番上にいるのがSt. Michel.
修道院では実物大の
コピーが見られます。
気になったのが駐車場。ポスターのような島を見るには手前の大量の観光バスがちょっと邪魔です。実はこの駐車場は近々無くなり、専用のシャトルバス以外は島に近づけないようになるそうです。うーん、そのあとにまた来たいところですね・・・。
今回のように日帰りでも、主要なところは押えられるので選択肢のひとつとしてはアリだと思いました。何よりその日のうちにパリに帰ることができます。

とは言えもし次があるなら、今度は島のホテルに泊まり、心ゆくまで潮の満ち引きを眺めていたいな、と思います(笑)
Le Mont Saint Michel−日帰りの場合。 〜 フランスワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
バスの他に乗用車も。










<関連記事>
モン・サン・ミッシェル観光
ノルマンディー小旅行(3) モン・サン・ミッシェル
バカンスの計画


2011年09月20日(火) written by びじっく from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]