PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201109204106

やっと来ました!ラグビーワールドカップ!! 〜 NZワーキングホリデー

やっと来ました!ラグビーワールドカップ!! 〜 NZワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
お馴染みのオールブラックスHAKA
 ここニュージーランドでは、現在、ラグビーワールドカップで国中大盛り上がりを見せています。悲願の現地開催をゲットしてから待ちに待った大イベントです。ご存知の方も多いと思いますが、NZの国技はラグビー。しかも人口400万人強の小国で、技術はトップレベルです。もちろんラグビー狂もかなりたくさんいますので、会う人会う人ラグビーの話で持ちきりです。そして何を隠そう、日本のチームも参加していてしかもオールブラックス(NZチームの名称)と同じリーグにいるので日本人としても注目度もかなり高いです。
 開会式は、9月9日。オークランドで開催されました。マオリの幻想なる歌で始まりたくさんのイベント。最後には花火で大盛り上がり。そのまま流れるように緒戦のオールブラックス対トンガ戦。もちろん、オールブラックスの勝利で幕を開けます。もしご興味がある方は、ぜひYou Tubeなどでオープニングセレモニーを見ていただければと思います。

 しかしながら、この世界的な大イベントに慣れていないNZでちょっとした事件も起こりました。オープニングセレモニーのチケットを取得するのにはかなりの倍率があり、やっとの思いで取った人もたくさんいるのですが、何と主要の交通機関のひとつの電車が大人数に耐え切れず故障して止まってしまい、数万人がセレモニーに参加できないというハプニングがありました。参加できなかった人には払い戻しと、決勝リーグの無料チケットが謝礼として配られるようですが、このワールドカップ中の6週間でもう二度とないように、頑張って欲しいものです。

さて、話は試合のほうに戻りますが、実はオールブラックスの第2戦目の相手は日本でした。日本でのラグビー人気は他のメジャーなスポーツに比べるとかなり低いとは思いますが、日本はワールドカップが始まってから毎回出場しており今回で7回目。世界ランキングでは13位にいます。しかしながら、前回1995年にオールブラックスと一度対戦していますが、その際に17対145。そしてこの一試合で145点というのはワールドカップでは残念ながら(?)最多の記録になっています。

さて、今回はと言うと・・・7対83。主要なトップ2が怪我で出場できないと言うことでちょっとは期待していましたが、まあこんなもんかって感じです。ワントライできただけでもいいのではないでしょうか。もし試合を見ていた方がいらっしゃったら分かると思いますが、力の差は歴然でした。しかしながら、前回よりも確実に上達していると思いますので、これをバネに次回はぜひ頑張って欲しいです。ちなみに、2019年のワールドカップ開催国は日本ですので、その時にはぜひリベンジお願いします!

ちょっと長くなりましたので、次回またワールドカップ続報をお伝えしたいと思います。


2011年09月20日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]