PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201109094077

レシートはしっかりチェックしよう! 〜 アイルランドワーキングホリデー

 私個人の話で恐縮ですが、よく買い物をするお気に入りのある店があります。しかしそこで靴を2足買ったばかりに、この間散々な目にあってしまいました。トラブルの始まりは、まず私の靴のサイズが見当たらず、1足はディスプレイ用になっていたものをわざわざ店員さんにとってもらったところから。ちなみにもう一足も、店の奥から出してもらったものだったのですが、この店員さんがその後トリプルで間違いをしてくれ、びっくり!

○店員さんの間違い その1○
購入したのは2足だったのに、3足分(恐らく間違えて余分に一度スキャンしてしまった?)の値段を払わされた→店の外でレシート確認してすぐに気付き、1足分返金してもらう。

○店員さんの間違い その2○
購入した靴のうちの一足は、それぞれ違うサイズということが同日の夜判明。(違うサイズのまま、ずっとディスプレイしていたということなのでしょう)

○店員さんの間違い その3○
もう一足も何かがおかしいことに、翌日気付く……よく見ると両方「左」足用だった!

――ここまで間違いも徹底されるとこの店員さん、実は創造力豊かで私を笑わせようとして故意にやったんじゃないかと疑ってしまいました(笑)。

 自分のせいではないと思いつつ、もう3度も店に戻るのは嫌だったので、本社にメールして靴を引き取ってもらいました。するとお詫びとして、左右揃った靴一足とそのお店の20ユーロ分商品券が送られてきたので、結果オーライということ、かな?

 今回はたまたまブティックでのアクシデントでしたが、大手のスーパーマーケットなどで食料品を買った後にレシートをチェックしたら、結構半額のはずの商品が正規の値段のままだったり、数を多く勘定されてその分余分にお金を払わされていたりなどといったことが、ままあります。
 もしスーパーマーケットで計算や商品の間違いに気付いた場合は、たいていカスタマーサポートカウンターがあるはずなので、そこでお金を返してもらってくださいね!くれぐれもお買い物の後のレシートチェックはお忘れなく!
2011年09月09日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]