PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201108304061

動物園に行こう! 〜 フランスワーキングホリデー

動物園に行こう! 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
町のメインストリートからも見える、
お出迎えのフラミンゴ。モモ色でかわいいです。
フランス最大の動物園と言うとどういうのを想像するでしょう?パリまたは近郊にある国立の由緒正しい、動物園?そういえばパリ東端のヴァンセンヌには動物園がありかつではパンダも居た位です。しかしそこは日本の動物園ブームに引き金となった旭山動物園の行動展示の対極にある古いタイプ、窮屈な檻の動物を見るというものでした。2007年ころから改修のため閉鎖され、再オープンは2014年以降のようです。
動物園に行こう! 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
園内案内はこんな感じ。
夏にぐるり一回りすると結構クタクタです。
さて、在りし日のヴァンセンヌ動物園を含めフランス最大の動物園はと言うと、以外にも大西洋岸、ジロンド川の河口の小さな町、Les MathesにあるPalmyre動物園です。
この動物園、フランス一の集客数を誇るも経営は民間で、その創立も一個人によるものだそうです。
ここは小さな町といえども観光の要地で、河口付近の波風の穏やかななビーチが連なる夏のヴァカンス目的地。レジャー客のための宿泊施設、ヴァカンス村、などなどがそろっており、巨大動物園はその中の目玉ともいえます。家族旅行なら絶対にはずせない。

動物園に行こう! 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
図鑑並みにくわしいガイドブックがおすすめ。
とはいうものの動物園を主とする旅行はなく、年間100万人弱の入場といえば日本の上位動物園は300万人ほどの集客があるのと比較するとちょっとさびしいかもしれません。さらにはフランスの水族館となるとかなり日本とは比べ物にならないくらいさびしいのは、海洋国家日本との比較自体が厳しすぎるのかもしれません。概して、美術館などは言うまでもなく圧倒的にフランスに軍配があがり、動物園や博物館や科学館となると日本のほうが強いのかもしれません。
Zoo de Palmyre
http://www.zoo-palmyre.fr/
2011年08月30日(火) written by ichigo 『フランスで暮らす』 from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]