PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201108194047

バカンスは賢く計画的に! 〜 フランスワーキングホリデー

パリを抜け出してイタリアでのバカンスに来ています。
ヨーロッパには格安航空会社が豊富にあり、事前に計画を立てて1ヶ月以上前に飛行機のチケットを押さえれば、10、20ユーロといった驚くほど安い価格で様々な行き先が選べます。

この価格で選べる行き先は主にヨーロッパですが、ヨーロッパからそう遠くないアラブ諸国、そしてアフリカの都市なども約30、40ユーロで行けたりします。

さて、夏のバカンスに関してはパリジャンたちは1、2ヶ月、中には3ヶ月ほど前からチケットを探し始めます。
実家に帰省する人もいれば、クラブメッドなどのバカンス施設で1、2週間のんびりと過ごす人もいて、東南アジア諸国を移動しながら3、4週間滞在する人もいたり、バカンスの過ごし方は様々です。
最近では友達やバカンスシェアのウェブサイトで知り合った人たちと短期間のアパートや家を借りてバカンスを楽しむといった人もいます。

7、8月の航空券の争奪戦はすさまじく、特に格安航空券は毎日価格が変動し、チケットを取るタイミングを見計らって毎日コンピュータの前で価格とにらめっこしているのは決して珍しくありません。
格安航空券といってもこのハイシーズンともなると普段10、20ユーロといった安価で行ける行き先も200ユーロから300ユーロといった価格に跳ね上がります。チケットを取るタイミングによってかなり価格が変わってくるので、ヨーロッパ旅行する方は計画性を持って早めにチケットを押さえることをおすすめします。
2011年08月19日(金) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]