PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201108094030

キノコに、クルミに、さくらんぼ・・・季節の楽しみ 〜 フランスワーキングホリデー

キノコに、クルミに、さくらんぼ・・・季節の楽しみ 〜 フランスワーキングホリデー
通勤途中の草むらにもキノコが!
雨の次の日に突如、出現しました。
私が働いているところは郊外にあり、職場のすぐ横にうっそうとした林があります。先日、そこで同僚が巨大なキノコを発見しました。実物は見られなかったのですが、写真を見たところサッカーボールくらいの、両手の平がいっぱいになるほどの真っ白なキノコでした。その場所は去年も同じように大きなキノコが生えたそうなのですが、その時は採れず、今年こそは、と狙っていたそうです。

フランスではキノコ狩りがとてもポピュラー。ちょっと町を離れるとすぐ森や山があるので場所には困りません。身の回りで食材を手に入れるのはフランスでは日常茶飯事。
そして何よりフランス人は大の散歩好き。
キノコに、クルミに、さくらんぼ・・・季節の楽しみ 〜 フランスワーキングホリデー
近くの林で発見。
既に誰かさんにかじられています(笑)。
家族やカップルで連れ立って歩いたりサイクリングしたりすることが一種のコミュニケーション手段にもなっているようです。日本だったら反抗期かな、と思うような男の子でも文句も言わず一緒に歩いているのがなんともほほえましい。
キノコに、クルミに、さくらんぼ・・・季節の楽しみ 〜 フランスワーキングホリデー
黄色いものがミラベル。
アプリコットとプラムのあいだような味で美味しい。
キノコの他にも、アルザスではさくらんぼやクルミの木がどこにでも生えていますし、今は地域特産のミラベルという果物も鈴なりです。散歩の途中につまんだり、採ってきてケーキにしたりと季節ごとに楽しめます。そんな時にいつものキノコポイント(?)にも行けば、夕飯にもう一品、なんて事も。
採ったキノコですが、素人にはなかなかどれが食べられるか見分けがつきませんよね。そんなときフランスでは、なんと薬局に行くのです!薬剤師さんはキノコ鑑定の資格を持っていて、キノコを持っていくと無料で有毒かどうか調べてくれます。フランスにいると「文化の違い」と一言では片付けられないようなびっくりがそこここに潜んでいて本当に飽きません。前出の同僚も、もちろん薬剤師さんからお墨付きをもらい家族で食べたそう。「大きくて全然減らない!」とうれしそうでした(笑)。

キノコに、クルミに、さくらんぼ・・・季節の楽しみ 〜 フランスワーキングホリデー
下に落ちているのもりんご。
味はまちまちですが、
ここからもぎ取るだけでも楽しい!
キノコも果物も夏から秋にかけての今の季節が一番楽しめますので、是非お近くの鈴なりスポットを探してみましょう。
2011年08月09日(火) written by びじっく from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]