PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201108054013

Auckland Zoo(オークランド動物園)−NZの国鳥Kiwi(キーウィ)に会おう 〜 NZワーキングホリデー

Auckland Zoo(オークランド動物園)−NZの国鳥Kiwi(キーウィ)に会おう 〜 NZワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
Auckland Zoo入り口
ニュージーランドでもっとも有名な鳥と言えば、国鳥のKiwiです。お土産店などでもKiwiのキーホルダーやぬいぐるみなどを目にすることが多くあると思います。
今回はKiwiに会うことのできる国内最大級の動物園、Auckland Zooを紹介します。
Auckland Zoo(オークランド動物園)−NZの国鳥Kiwi(キーウィ)に会おう 〜 NZワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
Kiwi(看板の絵を撮影したもの)
Auckland Zooへは市内からバスで2ステージ(約20分)。バス停からは歩いて5〜10分ほどの場所にあります。New Zealandのバスは車内では降車場所の案内などはないので、知らない場所に行く場合はドライバーに行き先を告げると、バス停に着いたときに教えてもらえるので安心です。
Auckland Zoo(オークランド動物園)−NZの国鳥Kiwi(キーウィ)に会おう 〜 NZワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
Sumatran Tiger(スマトラ・タイガー)
さて園内にいる動物については、日本でも見ることのできる動物から、お目当てのKiwiまでさまざま。広い園内なのでゆっくりと観察しながら歩いていると、1日過ごすことができると思います。園内には食事のできるカフェがありますが、軽食しか置いていないのでしっかりと食べたい場合はお弁当を持参すると良いかもしれません。
Auckland Zoo(オークランド動物園)−NZの国鳥Kiwi(キーウィ)に会おう 〜 NZワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
タイからやって来た象
最後に国鳥のKiwiについて紹介をしておきましょう。Kiwiは夜行性ですが、Auckland ZooのKiwiの飼育小屋は真っ暗で、実際にKiwiが活動している様子を観察することができます。暗闇に目が慣れたあと、注意深く探してみてください。なおフラッシュを使用しての写真撮影はできないのでご注意ください。Kiwiは体長30〜45cmほどの大きさで、嗅覚器官が発達した長いクチバシが特徴です。クチバシで地面をつついて餌を探します。またKiwiは空を飛ぶことができません。これはニュージーランドには元来鳥の天敵となる生物が存在せず、空を飛ぶ必要がなかったことに由来するそうです。
2011年08月05日(金) written by shihoris from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]