PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201107223999

今年のパリ祭! 〜 フランスワーキングホリデー

今年のパリ祭! 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

今年も大規模にお祭りが行われたパリ祭(キャトルズ・ジュイエ)。
7/13の消防署での大規模なイベント(この時は消防署がイベント会場となり、消防署職員も市民と一緒に踊ったりします。)から始まり、恒例の7/14のシャンゼリゼ通りでのパレード、そして夜の花火などフランス各地で様々なイベントが行われました。

今年のパリ祭! 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信

シャンゼリゼ通りでのパレードでは陸・海・空軍に続き、警察、消防署職員もパレードに参加します。パレードはもちろん素晴らしいのですが、軍用機、ヘリコプターの空中のパレードも圧巻です。この日印象的だったのが、パレードで消防署職員が登場した際に拍手が起こったことです。一緒にパレードに行った知人にどうしてなの?と尋ねると、フランスでは事故、病人、けが人などが出た場合、まず最初に駆けつけるのは消防署職員なのです。その後場合によって救急車も駆けつけたりします。フランスでは火事、病人搬送など消防署の担う役割は大きいのです。そういうこともあって市民からとても信頼、そして彼らの活躍が賞賛されているのです。

今年のパリ祭! 〜 フランスワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信

さて、夜はエッフェル塔のすぐ側に住む友人からお誘いを頂きパーティーに行ってきました。もちろん目的はエッフェル塔のすぐそばで打ち上げられる花火です。友人のアパートの屋上でダイナミックな花火を堪能してきました。クライマックスはエッフェル塔のイルミネーションと花火の競演です。あらためてエッフェル塔が綺麗だなぁとため息をついたパリ祭でした。
2011年07月22日(金) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]