PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201107123980

YMSを終えて。。 その2 Tier2のエピソード 〜 イギリスワーキングホリデー

今回は、私の個人的なTier2 (General)のエピソードを書きます。2009年の春に、初めて施行された2年間のYMSでロンドンに来て、今回はTier2 (General)に切り替えて、またロンドンに戻ってきたのですが、当初(今の会社に就職した時点では)Tier2 (General)への切り替えはとても簡単♪と聞いていたので、何も考えていなかったのですが、政権が代わってすぐの去年の夏前に、Tier1,2ビザのルールの大幅改正が発表されて間もなく、会社に沢山あったスペアのCertificate of Sponsorship(CoS)がなくなってしまい(というのも、人数制限はCoSの数で制限するので)、それを取り戻すところから始まりました。

といいつつも、Tier2(General)のビザの場合、自分でできることは特に何もなく、全部会社のパーソネルにまかせっきりだったので、私はやることはほとんどなかったのですが、月1回のUKBAで行われるパネルミーティングの準備やその他条件の部分のマネージメントとの交渉などパーソネルの担当の人はとても忙しそうでした。Resident Labour Market Testの準備やその他もろもろの書類の準備等大変だったのですが、さすが会社のパーソネルだけあり、ビザ関係のことに関しては詳しく、沢山経験もあるので、最終的にはCoSを取得して、Tier2 (General)を申請することができました。

YMSからTier2 (General)への切り替えは、イギリス国内からはできないので、私は一度日本に戻ってからビザセンターに申請をしに行きました。ご存知の通り、日本からのビザのアプリケーションは全部一度マニラに送って審査されるので、余裕をもってチケットを手配しましたが、ギリギリで4日ほど日程を延ばして、無事、またイギリスに戻ってきました。

YMSの2年が終わった後、Tier2(General)にビザを切り替える人も結構沢山いるかと思います。Tier2 (General)に限らず、ビザの情報はとても頻繁に変わるので、もし疑問に思うことが合ったら、直接UKBAのウェブサイトに行って調べたり、自分の会社のパーソネルの人に相談などすることをおススメします。子に記事を書いている時点ですでにもうルールが変わってるかもしれません。。また、イギリスで就職をして、そのままYMSが終わった後もイギリスで働きたい場合は、最初からちゃんと会社がビザサポートをしてくれるのか、確認しておいた方がいいかもしれません。


【関連記事】
YMSを終えて。。 その1 Tier2への切替
2011年07月12日(火) written by Ayako from (イギリス)
Comment(2)


イギリス関連の記事

この記事へのコメント

Shota 2016/01/13/04:17
貴重な情報をありがとうございます!
大変参考になります。ちなみに、日本に戻ってからピザを取得するまでに、どれくらい掛かりますか?
2週間で、取得できますか?

いきなりのご質問で大変恐縮ですが、教えて頂けると大変助かります。

Nao 2011/07/13/18:27
私も2009年の同じころにYMSでロンドンに来て日系の会社で働いていました。
会社は駐在員枠のTIER2の枠持っていましたが、Generalのスポンサーシップはもともと持っていなかったので、Ayakoさんの会社と同じように会社自体がスポンサーシップを取得するところから始めなければなりませんでした。こうなると、個人の力ではどうしようもなく、会社が自分のためにそこまでの時間と労力、資金をかけてくれるかにかかってきますね。。残念ながら会社に私が残ってほしいという意思はあったものの、帰国までの時間がせまっていたこともあり、また日本へ一旦帰国しないといけない条件もあったため、Tier2でのビザは取り直すことができませんでした。
Ayakoさんの会社は日系ですか、それとも現地の会社ですか。
いずれにしても、さまざまな条件が今は発生してくるので、それを会社と協力してクリアにしないと今後の就労ビザ取得は難しいですね。でもそういう会社に巡りあえたのはうらやましい限りです。

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]