PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201107083978

フェリーを利用してWaiheke Island(ワイヘキ島)へ 〜 NZワーキングホリデー

フェリーを利用してWaiheke Island(ワイヘキ島)へ 〜 NZワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
Waiheke Islandのフェリーターミナル
オークランドシティの周辺には数多くの島が点在しており、以前に紹介をしたRangitoto Island(ランギトト島)もそのひとつですが、今回はその中でも身近なリゾート地として人気のあるWaiheke Islandの紹介をしたいと思います。
Waiheke Islandへはフェリー乗り場からフェリーに乗って35分。料金は往復で$35で、おおよそ1時間に1本の間隔で運行しています(2011年7月現在)。
フェリーを利用してWaiheke Island(ワイヘキ島)へ 〜 NZワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
美しい海岸線
Waiheke Islandの楽しみ方は人それぞれ。ワイナリーがたくさんあるので、ツアーに参加をしてワインのティスティングを楽しんだり、美しい海岸線をのんびり散歩するのもいいでしょう。遠くまで足を延ばしたい場合はレンタカーを借りたり、循環バスを利用します。さらに体力に自信があればレンタサイクルでアクティブに動き回ってみるのも楽しいと思います。また、シーカヤックや乗馬と言ったアクティビティも充実しています。
フェリーを利用してWaiheke Island(ワイヘキ島)へ 〜 NZワーキングホリデー 3 ワーキングホリデー通信
レストラン Te Whau Vineyard
レンタカーもしくは循環バスを利用する必要がありますが、素敵なレストランを発見したので紹介しましょう。Te Whau Ptと言う島の先端にあるTe Whau Vineyardと言うお店で、ここでは食事をしたりお茶を飲むことができます。またワインのテイスティングもできます。お勧めはテラス席です。そこからは美しい海岸線と遠くに霞むスカイ・タワーをみることができます。
なお循環バスを利用してここを訪れる場合は、バス停から30分程歩く必要があります。1本道なので迷うことはありませんが少し距離があります。
またレストランに行く途中にアルパカを見ることができます。ふわふわの毛はセーターなどに使用されるようで、白・黒・グレー・茶など色々な色のアルパカに出会えるでしょう。
フェリーを利用してWaiheke Island(ワイヘキ島)へ 〜 NZワーキングホリデー 4 ワーキングホリデー通信
放牧されているアルパカ
2011年07月08日(金) written by shihoris from (ニュージーランド)
Comment(0)


ニュージーランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]