PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201107083976

音楽の祭典 Fete de la Musique 〜 フランスワーキングホリデー

音楽の祭典 Fete de la Musique 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

毎年恒例の音楽の祭典(Fete de la Musique)が6/21に行われました。この日は1日中フランスのあちこちで音楽が奏でられ、街中が音楽で溢れます。 音楽祭は朝から夜遅くまで様々な形で行われます。大規模なコンサートもあれば、公園で行われるブラスバンドやオーケストラの演奏もあり、バーや路上で繰り広げられるストリートパフォーマンスもあります。

この日はパリ市内のレストランで行われたFete de la Musiqueのパーティーに足を運び、約10人で編成されたブラスバンドのパフォーマンスを楽しみました。会場のテラスでシャンパーニュやワインを片手に心から音楽を楽しんでいる人達を見ると何だかとっても幸せな気分になります。

音楽の祭典 Fete de la Musique 〜 フランスワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
バトー・ガリオン
そして深夜12時を過ぎた頃、セーヌ沿いにある船上でのFete de la Musiqueに行くためバトー・ガリオンに移動しました。こちらではアマチュアミュージシャンたちがそれぞれ楽器を持ち寄り、フレンチ・ポップスを演奏したり、みんなが一緒に歌ったりします。その後は巨大な船の中がディスコになり、DJと共に朝までダンスを踊ります。
時代の流れとともに様々な変化が見られるパリですが、新しいものを常に取り入れながらもこのような伝統を大切にしているところは本当に素晴らしいと思います。 

2011年07月08日(金) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


フランス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]