PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201106213939

運動会 子供たちと幸せなひととき 〜 ドイツワーキングホリデー

運動会 子供たちと幸せなひととき 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
陸上競技場での運動会開催
 ベルリン地区の学校の夏休み、今年は6月下旬から。あと一週間も通えば夏休みです。そのため、この時期は学年末でもありますので、懇談会や学校の夏祭りの予定がたくさんです。
先日、息子の通う小学校では運動会が開催されました。校内にある体育館ではなく、なんと本格的な陸上競技場を借りて、全学年で一緒に行われました。父兄もいつでも観覧可能とのことなので、早速行ってみることにしました。息子の小学校には体育館はありますが、日本のように広い校庭はなく、休み時間や放課後に遊べるような鉄棒などの遊び場がある校庭が校内に二つあります。ベルリン中心部の学校では広い校庭のない小学校が普通で、珍しくありません。ですから、運動会となると、子供たちが遠足のように公共機関で公共のグラウンドまで移動し、そこで運動会をすることが一般的のようです。

運動会 子供たちと幸せなひととき 〜 ドイツワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
ここでもおなじみのクラス対抗リレー競技
日本の学校の運動会のように、組対抗戦は以外に少なく、リレーくらい。あとは、走り幅跳びや50メートル短距離走、800メートルマラソンなどの競技で一人ずつタイムを計る、というのが、ドイツの一般的な運動会のようです。運動会というより、運動能力記録会と言う感じでしょうか。子供たちのクラス対抗リレー競技では、久々に父兄たちの方が我を忘れて、応援してしまったかんじ。子供たちがそれに答えてがんばっている姿を見ることも出来て、幸せなひとときでした。
この日お弁当を持っていく必要はありませんが、学校には毎日朝食として軽食のはいったお弁当ボックスと飲み物をもっていくので、休憩中にパンなどをちょっとつまむというかんじです。お昼ご飯は低学年は午後1時ごろ学校に戻って食べますが、高学年になると午後も運動会は続くので、運動会の会場にて給食をいただきます。

2011年06月21日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]