PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201106143931

ドイツの幸運の町!? 〜 ドイツワーキングホリデー

ドイツの幸運の町!? 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信

 北ドイツのシュレスヴィッヒホルシュタイン州に属する町の中に、“Glueckstadt”(グリュックシュタット)という町があります。
Glueckは幸運、Stadtは都市や町を表しますので、その名も、“幸運の町”ということになりますが、この名前に惹かれて一度は訪れてみよう!という方も多いのではないかと思います。

ハンブルクから電車で約1時間程のエルベ湖畔に位置する小さな港町ですが、1歩足を踏み入れると、どこかデンマークの町並みに似ているような気がします。
小さな可愛らしい家々が立ち並び、メルヘンの世界のような雰囲気を残しつつ、街中は水に恵まれ、小さいながらも美しい町並みが気に入っています。
もちろん、市庁舎とマルクト広場、教会の3点セットも見逃せません。

 このグリュックシュタットは、“Matjes”(マチェス)というニシンの塩漬けで有名なところでもあります。
お魚が美味しく食べられるのは、港町ならではの特権です。
パンにはさんで気軽に食されることも多く、よくスーパーなどでも缶入りのものが売られています。

 さて、この町の名前の由来は分かりませんが、少なくとも緑が茂る時期にやって来て、町を散策し、美味しいニシンの料理を食べれば、誰でも幸せを感じることでしょう。

他にも“Glueck”(幸運)という名のつく町があれば、散策してみたいと思います。 

2011年06月14日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]