PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201106103927

イギリスの食はどこにある? オーガニックあふれるマーケットへ 〜 英国ワーキングホリデー

イギリスの食はどこにある? オーガニックあふれるマーケットへ 〜 英国ワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
バラ・マーケットは
3つのエリアからなっている
ロンドンにはいくつもストリートマーケットがあり、それぞれが個性を持っています。新鮮な野菜とオーガニック食品を扱っていることで有名なのが、バラ・マーケットです。
「市・区」などを意味するバラ(borough)の名前がついたこのマーケット、ロンドンブリッジ駅を降りてすぐのところにあります。高架下を中心に展開されているので雨が降っても平気です。
一歩なかに入ると活気ある雰囲気とたくさんの人に圧倒されます。野菜、パン、チーズ、肉などの食料をはじめ、ジャムやカップケーキなどのお菓子、調味料、ワインなど、イギリス国内はもちろん、ヨーロッパ各地の食材がそろっており目を奪われます。

イギリスの食はどこにある? オーガニックあふれるマーケットへ 〜 英国ワーキングホリデー 2 ワーキングホリデー通信
絵の具のようにずらっと並んだジャム。
試食もできる。
ここで採れたアスパラです、砂糖は使ってません、とボードに書いてあるお店もあります。シリアルを売る女性は、もともと自分の子どもに体によくておいしいものを食べさせたいということからオーガニックシリアルにいきついたそうです。
お店の人とのやりとりもこのマーケットの魅力のひとつです。ワインに合うのはどのチーズなのか、今の時期おいしい野菜は何なのか、おすすめの料理法は、などといった質問に答えてくれます。気さくなお店の人たちやふれあいを楽しむといった空気がマーケットをより魅力的なものにしているんですね。
週末は観光客でにぎわうバラ・マーケットですが、平日は近くのオフィスで働く人がランチを取りにくるのだとか。新鮮な食材がほしい、お手頃価格でオーガニックランチが食べたい、お店の人と会話を楽しみたい、というのなら、ぜひ一度バラ・マーケットに足を運んでみることをおすすめします。

Borough Market URL:http://www.boroughmarket.org.uk/

2011年06月10日(金) written by maho from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]